MSIがゲーム&クリエイター向けの新型ノートPC発表

MSIがゲーム&クリエイター向けの新型ノートPC発表


つまり、パワフルなシリーズ。

MSIが、ゲーマー&クリエイター向けとして、NvidiaのGeForce GPUとIntelの第11世代プロセッサをベースにデザインされたノートPCの新ラインナップを発表しました。

クリエイター向け:Creatorシリーズ

まだ新しいシリーズだけあって力のはいっているCreatorシリーズから、Creator Z16Creator M16。両モデルとも16インチのQHDディスプレイ搭載で、画面のアスペクト比は動画編集にうれしい16:10。

Creator Z16は、タッチディスプレイ機能と180度フリップするカバーあり。どちらもIntel第11世代Core i7 とNvidiaの新GPUが搭載されています。Creator Z16は、GeForce RTX 3060dでメモリが6GB GDDR6。

Creator M16は、RTX 3050(または3050 Ti)でメモリが4GB GDDR6。どちらも最大RAM 64GBまで搭載可能。USB-C、USB-A、microSDリーダーあり。重さはどちらも5ポンド(約2270グラム)。Creator Z16は2600ドルスタートで、価格抑えめでパワフルという位置にいるMSI Creatorシリーズとして、この価格設定はかなり強気です。

210512msi01
Image: MSI

よりスペックの高いマシンとして、Creator 17も登場。17.3インチのUHDディスプレイは、明るさ最大1000nits。Intel第11世代Core i9チップ搭載で、グラフィックカードはNvidiaの3オプション(GeForce RTX 3080&メモリ16GB GDDR6・GeForce RTX 3070&メモリ8GB GDDR6・RTX 3060&メモリ6GB GDDR6)から選択可能。重さは6ポンド弱(約2700グラム)。

ゲーマー向け

種類豊富なMSI ゲーム用ノートも新型登場。上位機種としてGE76(17インチ)とGE66 Raider(15インチ)。

どちらもシャーシ前面下部に色の変わるライトバーがあって、ゲーム端末らしいデザインに。GPUオプションは、GeForce RTX 3080、3070、3060。RAMは最大16GB GDDR6。ディスプレイのリフレッシュレートは最大360Hz、またはQHD 240Hz。Wi-Fi 6E対応。両モデルともに2300ドルから。

210512msi
Image: MSI

GP76(17.3インチ)とGP 66 Leopard(15.6インチ)は、仕事用端末としても使えます。Core i7とGTX 3070 GPU搭載、RAMは8GB GDDR6。GP76が1900ドルから、GP 66が2300ドルから。

17.3インチのGS76と15.6インチのGS66 Stealthは、QHDパネルでリフレッシュレート240Hz対応。Intel Core i9プロセッサ&RTX 3080モデルあり。また、パワフルなわりに比較的コンパクトが売りのシリーズなので、GS76 Stealthは重さ6ポンド弱(約2700グラム)、GS66 Stealthは重さ5ポンド弱(約2200グラム)。どちらも、1700ドルから4000ドルくらいでカスタム可能。

次にGL76GL66 Pulse。NvidiaのRTX 3060 GPU搭載で、新デザインのヒートパイプとサーマルグリースが特徴。空気の流れが改善され、端末の温度を保つそうです。GL76、GL66 Pulseは、950ドルから1550ドルの価格帯。

最後はネーミングが特徴的なKatana GF76GF66Sword 1715。どちらもCore i7とGeForce RTX 3060・3050で、RAM最大6GB GDDR6。ボディにホワイトモデルがあるのがゲーミング端末としては新鮮! Katana GF76・GF66は1050ドルから、Sword 15は1010ドルから。

MSIの新型Creatorシリーズは来月発売予定、ゲームノートPCは今月後半発売。

Source: MSI

MSIのゲーミング/クリエイターPC ほしい?

  • 0
  • 0
MSI

シェアする

    あわせて読みたい