iPad Pro 12.9インチのブルーミング(色にじみ)、前よりひどいと感じる人も

  • 18,350

  • author satomi
iPad Pro 12.9インチのブルーミング(色にじみ)、前よりひどいと感じる人も
Image: MacRumors

なにこれ、お盆の灯篭みたい。

ミニLEDすごいオーバースペックすぎておかしい」と話題のミニLEDの新iPad Pro 12.9インチ版ですが、「ブルーミングの問題がちっとも解消されてない!」という苦情が一部寄せられています。

新iPad Proはコントラスト比1,000,000:1で輝度は1,000ニト。スペックは申し分ないのですが、眩しすぎるんでしょうか。光がぼやっとにじみ出してしまうんですね。

Appleのロゴもこんな感じ。

Appleのサポートページには「改善されています」とあります。

従来のデザインはディスプレイ側面にLEDを配置し、背面全体を照らすエッジ型でしたが、Liquid Retina XDRディスプレイは10,000 超のカスタムデザインのミニLEDを画面の背面全体に均一に敷き詰めた直下型で、同種のほかのどのディスプレイよりも高密度なLEDとなっています。これらのミニLED は、2,500超のローカルディミングゾーンに分割されていて、ゾーンごとに制御が可能です。その結果が、1,000,000:1 のコントラスト比。漆黒の黒を明るい画像領域の真横に再現できます。


一般的なローカルディミングシステムは、LED ゾーンの方が LCD のピクセルサイズよりも大きいため、LED の高輝度を追求すれば、光漏れが若干生じるという犠牲をはらんでいますが、Liquid Retina XDR ディスプレイではこれも改善されています。


(Apple「iPad ProのLiquid Retina XDRディスプレイについて」より)

どういうことなんでしょうね?

ローカルディミングというのは局所的に漆黒にする機能のこと。これが画面2,500分割で真っ黒にしたりしなかったり調整できる。そこがウリなのになぜ光がぼんやりにじんじゃうんでしょうね…。特に目立つのは、黒が背景のときです。以下はそのサンプル。

これだけ見ると、新型12.9インチiPad Pro搭載のミニLEDは決して有機ELより上というわけではないような気もしますよね。MacRumorsはこう書いています。

iPhone 12シリーズなどに搭載の有機ELは、ピクセルごとにOFFにして漆黒を再現できるので、ローカルディミングは必要ないし、ブルーミング問題もない。ローカルディミング機能は、有機ELの画質に近づくための機能かもしれないが、同レベルのコントラストを出すところで苦戦している。

中には「2018年版iPad Proよりにじむ」という人も。

「肉眼で見るとそれほどでもない」、「気づかない人はまったく気づかない」(MacRumors)というので個人差、個体差はありそうですけどね。にじむ絵を描くときにはちょっとややこしいかも。

Sources: MacRumors

    あわせて読みたい