年俸570万円から:核物質を守るおしごと

  • author Matt Novak - Gizmodo US
  • [原文]
  • 岩田リョウコ
年俸570万円から:核物質を守るおしごと
Photo: DVIDS/Defense Threat Reduction Agency via Gizmodo US

映画の世界みたいだけど、リアル。

核兵器を守るなんていう映画みたいな仕事が普通に求人募集で載ってました。アメリカ・ニューメキシコ州とテキサス州にある国家核安全保障局からの求人です。

お給料は年俸で52,248ドル〜76,981ドル(日本円で約569万〜838万円)で、競争率は激しめと記載してあるのと、最高極秘情報の取扱許可資格というものが必要だそうです。すでに持っている人は審査が早く進みますとのこと。

核物質を運搬するって一体どんな仕事内容なんでしょうか。業務内容、見ていきましょう。

・専門的に武装した防護部隊の一員として核兵器や核物質、試験集合体などを含む機密・危険物の安全でな運搬をおこなう。このオペレーションは政府の所有する運搬機でおこなうこと。

・セキュリティ関連の多くの工程や方法を取りまとめる。安全が損なわれるような恐れがあった場合の対応の仕方などを含めた緊急事態のマネジメントなどを含む。

・出発前にはセキュリティ計画に参加すること。オペレーション中に起こりうるセキュリティに関する問題を事前に査定し、連邦政府、州警察などと連携し犯罪者やテロ行為、ミッションの脅威となるような行動に対して迅速に調査すること。

・許可されていない人物や団体による強盗、破壊行為を防ぐために必要に応じて提供された武器を装備すること。素早く効率的に対応し、ミッション中に起こりうる不測の事態に備えること。

かなりガチです。業務内容読んでいるだけで、かなりハリウッド映画感あります。でも実は核兵器などは意外と普通にアメリカの高速で運搬されているそうです。

業務内容からわかる通り、在宅勤務はなさそうです。Slackで連絡して…とかないです。リアルです。できそうな方は是非ご応募ください…?

核物質運送のお仕事 ほしい?

  • 0
  • 0

シェアする

    あわせて読みたい