インスタントカメラの「ポラロイド」、エモさ溢れるサンダルになる

  • author 岡本玄介
インスタントカメラの「ポラロイド」、エモさ溢れるサンダルになる
Image: Teva

5色のレインボーがレトロ感。

インスタントカメラのPolaroid(ポラロイド)が、スポーツサンダルのTeva(テバ)と手を組み、ストラップ付きのアクティブなサンダルを作りました。

ベルトがカメラのデザインを思わせるカラースペクトルになっており、90年代を思わせるエモさ。赤と白2色の限定モデルがお目見えしています。

Tevaは1984年に、グランドキャニオンの岸で世界初のスポーツサンダルを作ったというブランド。ひとりのガイドが、水辺でも脱げないようにストラップを付けたのが始まりなのだそうです。

甲にはポラロイドのロゴが

今回作られた2足は、定番の型「Original Universal Polaroid」(8,030円)と、ヒールが3cm高くなった赤いモデル「Midform Universal Polaroid」(9,680円)となっています。どちらもストラップには再生ポリエステルウェビングを使い、甲部分にはポラロイドのロゴが3D印刷されています。

210510_teva2
Image: Teva

ミッドソールが衝撃を吸収し、面ファスナーで着脱と調節が簡単。速乾性にも優れているので、山や川で大活躍しますし、タウンユースにもおすすめです。

思い出がいっぱい

個人的には、これを見て30年くらい前に父親がレインボーカラーの鼻緒が付いたビーチサンダルを履いていた記憶が蘇り、懐かしい気分になりました。ポラロイドも、ますますポップカルチャーの分野でアイコン化されていきますね。

Source: Twitter via Teva (1, 2, 3)

    あわせて読みたい