RAZERの新Blade 15 Advancedは最薄のRTX搭載ゲーミングノートPC

  • author 塚本直樹
RAZERの新Blade 15 Advancedは最薄のRTX搭載ゲーミングノートPC
Image: RAZER

RAZER、攻めます。

Intel(インテル)の最新プロセッサを搭載した他社ノートPCと同時に、ゲーミングブランドのRAZER最新の「Blade 15 Advanced」を投入しました。こちら、RTX GPU搭載ゲーミングノートPCとしては最薄をうたっています。

まずその本体厚ですが、前モデルの「Blade 15 Advanced」からさらに1mm減って15.8mmとなりました。なお、この最薄仕様はRTX 3060を搭載したモデルのみとなっています。

スペックとしては、最新の第11世代HシリーズCoreプロセッサとRTX 30シリーズGPUを搭載。最高でCore i9 11900HとRTX 3080が選択できます。ディスプレイもQHD(2560 x 1440)解像度・240Hz駆動/4K解像度タッチスクリーン(応答速度1ms、60Hz駆動)/FHD解像度・360Hz駆動が選べ、これらには新しい耐指紋性コーティングが採用されています。

その他にもWindows Hello対応の1080pウェブカメラや、パームリジェクションが改善されたトラックパッドを搭載。また、Thunderbolt 4ポートが2個追加されたのは嬉しいポイントでしょう。

新型のBlade 15 Advancedは2299ドル(約25万円)からで、海外では5月17日から予約が開始され6月中に出荷されます(日本ではまだの模様)。まさに技術の粋を集めたRAZERの最新ゲーミングラップトップ、Macユーザーでも思わず欲しくなってしまうほどの完成度です。

Source: The Verge

Razer Blade 15 Advanced ほしい?

  • 0
  • 0
RAZER

シェアする

    あわせて読みたい