宙に浮かぶホログラムの実現にまた一歩近づいたかも

  • 11,748

  • author Andrew Liszewski - Gizmodo US
  • [原文]
  • Rina Fukazu
宙に浮かぶホログラムの実現にまた一歩近づいたかも
Image: Brigham Young University/YouTube

まだ肉眼で見るには小さいけれど、可能性は無限大かも。

2018年に「宙に浮かぶ3Dホログラム」なるものを完成させた米ブリガムヤング大学の研究者らが、今度はホログラフィック画像をアニメーション化できる新しい技術を実証してみせました。

そもそも3Dホログラムの多くは、特殊なスクリーンを使用して表示されます。映像はたしかに3D空間に存在しているように見えますが、一歩横にずれると何も見えなくなってしまうのが弱点。これに対し、新たな研究では完全に異なるアプローチをとったといいます。

レーザーを使って3次元空間にホログラムを投影

研究者らがスクリーンの代わりに採用したのは、レーザー。目に見えないレーザーによって空中に浮かぶ小さな不透明な粒子を操作し、目に見えるレーザーによって粒子があらかじめ決めておいた経路を通過する際にさまざまな色で照らし出すことで、人間の目には浮遊する画像のように見えるのだとか。

従来は、見る角度によって見えるものが限られていましたが、新しい研究では3次元空間にホログラムが登場するため、どの角度からでも立体的に見ることができるといいます。

研究者たちは、3年かけてこの技術を改良。スタートレックの宇宙船が光子魚雷を使って空中で戦う様子を再現したり(『トロン』のベクトルアニメーションのような爆発を再現)、オビワンとダースベイダーが(実際のレーザーによる)ライトセーバーを使って決闘する様子を再現したりしてその効果を実証してみせました。以下の動画を見てみても、レーザーによるアニメーションがおもしろい効果を生み出しているのがわかります。

Video: Brigham Young University/YouTube

光学的トリックで実際よりも大きく見せることが可能

さらに研究者たちは、現実にある物体の動きとホログラムが相互作用しているように見せる方法を考え出しました。遠近法や視差運動などの光学的なトリックを使って、目の前に投影されたホログラムを実際よりもはるかに大きく見せることも可能だとか。こうした効果は、スマートグラスにも応用できると考えられているそうです。

現状、ホログラムは非常に小さく、細かい効果を確認するためにはマクロレンズ付きのカメラや顕微鏡が必要です。いずれ技術が進歩すれば、動く粒子を組み合わせて効果を大きくすることも可能だとか。

もしかするとスタートレックのホロデッキの実現ももうすぐそこまで来ているのか...というとそうではないようですが、そうしたSF的な技術も完全に不可能なアイデアではないことを示しているようです。

    あわせて読みたい