本当に本当にさようなら、Windows 95よ…

  • 32,411

  • author Joanna Nelius - Gizmodo US
  • [原文]
  • 湯木進悟
本当に本当にさようなら、Windows 95よ…
Screenshot: Joanna Nelius(Gizmodo US)

ていうか、まだいまも残ってるんですね!

皆さんが初めてパソコンに触れるようになったのは、いつのことですか? Windows 95や98、XPの時代って、OSのリリース時に、深夜はカウントダウンして発売お祝いとかで盛り上がってたんですよ。フロッピーディスクってなんですかという世代には、もう化石のような話でしょう。カセットテープの思い出を聞かされるのと同じくらいだったり…。

ところが、いまだに最新のWindows 10でも、Windows 95時代からの遺物が普通に存在しているんです。試しにデスクトップへ新しいフォルダを作成し、右クリックしてプロパティをクリックし、カスタマイズのタブを選んでみてください。ここで表示される「アイコンの変更」からポップアップするリスト画面には、なんと現在でも、Windows 95のころと同じアイコンが残っています。選択すると、ちょっぴりWindows 10で95ムードを味わうことだって可能ですね。

しかしながらこのほどWindows Latestは、Shell32.DLLモジュールに含まれているシステムアイコンが、今秋にリリースされる大型アップデートの「Sun Valley」できれいさっぱり刷新されてしまう予定だと報じました。古いCRTモニタではなく薄型液晶ディスプレイに、古くさいフロッピーディスクドライブではなく、より新しいデザインにという感じですね。えっ、そもそもまだフロッピーのアイコンが、用意されているほうが不思議のような気もしますけど~。

すでにInsider Previewビルド 21343においては、いろんなフォルダのデザインが新たにされるという情報も飛び出していました。すべて正面を向くアイコンデザインにそろえられることが明らかにされています。いまの斜め前向きのデザインのほうがカッコいいように思えるという時点で、すでにスマホ世代からは置いていかれているのかもしれません。今秋の全ユーザー向けアップデートにより、ついに名実ともにWindows 95の遺産と決別してしまうWindows。記念にスクショとか取ってから、心してサヨナラしたいような気もします。

Source: Windows Latest

    あわせて読みたい