毛玉取りとシワ伸ばしが同時にできるスチーマーで「アイロンのない生活」が叶いました

  • 8,875

  • ROOMIE
  • Buy
  • author 編集部
毛玉取りとシワ伸ばしが同時にできるスチーマーで「アイロンのない生活」が叶いました
Photo: osio

ROOMIEからの転載

仕事柄、シャツを着る機会が少なく、アイロンを持っていなかった我が家。なんとなくアイロンがけには面倒臭そうなイメージがありました。

使いたいときにサッと使えて、サッと仕舞える、そんなシワ伸ばしアイテムがあったらいいのになぁ……。

毎日使いたい! 手軽なハンディタイプのスチーマー

2

今回手に入れたのは「±0」のスタイルスチーマー

すっきりとしたシンプルなデザインと実用性を両立している製品で、2020年にはグッドデザイン賞も受賞しています。

ハンディタイプなのでもちろんアイロン台不要。使いたいときにサッと使えるスチーマーなんです!

3

分解するとこんな感じ。

110ml程の水を入れてからスイッチを入れ、スチーマーが立ち上がるまで待ちます。

4

電源を入れてから立ち上がりまでは「約24秒」とスピーディー!

思い立ったらすぐに使えるのは、忙しい朝も助かるポイントですね。

5

スチーム、見えますでしょうか……?

使わないときは「STOP」、使うときは「STEAM」にボタンをスライドさせればOK。

稼働中はしっかりと音がするので、朝に起きがちな「うっかり」も防げますよ。

シャツの皺がナチュラルに伸びる

6

早速、普段使いのシャツのシワを伸ばしてみます。

細かいシワが入ってしまっていて、よそ行きとしてはちょっとな~と思っていました。

7

素材によっては遠くからスチームのみを当てたほうがいいのですが、このシャツは綿100%なので、スチーマー自体を当てていきます。

衣服を軽く引っ張りながらスチームを当てていくと……。

8

右がスチームを当てた側、左がスチームを当てていない側です。

アイロンを当てたときのようなパリッと感はありませんが、ナチュラルにシワを伸ばしてくれました

9

ついでにシワッシワの白シャツも引っ張り出してきました。

同じようにスチーマーを当てて、ササッとシワを伸ばしていきます。

10

この通り、しわくちゃ感が結構マシになってくれました!

アイロン台を出すことなく、ハンガーに掛けたままスチームを当てただけ。ハンディタイプなので片手で作業できるのもありがたいです。

11

ボトムにインしがちでシワシワだった裾も、だいぶマシになりました。

パリパリのシャツが必要不可欠なフォーマルの場にはアイロンの方がおすすめですが、出社するだけの日ならこれで十分です。

12

ちなみにスチーム連続時間は約8分程度

私は、初心者だったこともあってかシャツ2枚全体のシワを伸ばしたぐらいでちょうど水が切れました。長時間の作業には向かないので、注意してくださいね。

毛玉を取りながらシワ伸ばしもできる

13

このハンディスチーマー、付属品として「ブラシ」もついています。

ブラシを装着してから先程と同じように「STEAM」に設定して、ポリエステル素材のモコモコに当てると……。

14

毛玉も取れて一石二鳥なんです!

シワも伸ばせて毛玉も取れるとなると、忙しい朝もありがたいですよね。

15

ちなみにこのハンディスチーマーは、ファブリック製品の脱臭や除菌、アレル物質の除去(菌・ダニ由来・花粉)にも使えるのだとか。

お手入れが難しいぬいぐるみにサッと当てて、こまめに除菌することもできます。

16

片手で使える時短スチーマー、ズボラな私に最適だった

16

予想以上に我が家で活躍してくれたハンディスチーマー。カラーバリエーションも5色用意されています。

忙しい朝でもサッと皺を伸ばしたい方、手軽に皺を伸ばしたい方はぜひチェックしてみてください!

※価格など表示内容は、執筆現在のものです。変更の可能性もありますので、販売ページをご確認ください。

Text, Photo: osio

    あわせて読みたい