1/4マイルが9.23秒。テスラがゼロヨン界で市販車界最速のスコアを叩きだす

  • 13,374

  • author 武者良太
1/4マイルが9.23秒。テスラがゼロヨン界で市販車界最速のスコアを叩きだす

モアパワーなグレードはもっと速くなるっていうんだから、もう。

市販量産車の世界で最も加速力に優れたクルマは、ブガッティのシロンスポーツだと言われていました。W16クアッドターボの8000ccエンジンは、1/4マイル(約402m)を9.4秒で走り切る実力を持っています。さすが3億超えのおクルマ様です。

しかし、現在予約受付中のテスラ モデルS プレイド(Plaid)が、非公式ながらハイスコアを更新した模様。1/4マイルを9.23秒で駆け抜けたそうですよ。3モーターとはいえ、4ドアセダンでブガッティ超え。約1260万円の車両で3億超え。凄すぎてちょっと引く。しかし加速G、どれくらいあるんだこれ…?

もともと時速100km/hまでの加速が2秒。スタートダッシュ力においてフェラーリやポルシェなどのピュアスーパーカーを超えるとアピールされてきたテスラ モデルSプレイドです。ゼロヨン9.23秒の実力が本物なら、テスラ自身が動画を公開してくるかも。

とはいえ戦いは始まったばかり。ブガッティには最高速を抑え、加速力を高めたシロン ピュアスポーツがありますし、モデルSにはさらにパワフルなプレイド+というグレード(というか限界突破でリミッター解除なV-MAXかつNT-Dなモード)もあるのですから、さらなる競争を見せてくれそうです。

Source: Drive Tesla Canada

テスラ モデルSプレイド ほしい?

  • 0
  • 0
テスラ

シェアする

    あわせて読みたい