iPhoneが「君、転びそうだよ」を教えてくれる「歩行安定性」機能。え、すごくね? #WWDC21

  • author ヤマダユウス型
iPhoneが「君、転びそうだよ」を教えてくれる「歩行安定性」機能。え、すごくね? #WWDC21
Image: Apple

毎日する行為だもの、測りがいがある。

ヘルスアプリに、すごく面白そうな新機能がやってきました。歩行時の姿勢を測定する「歩行安定性(Walking Steadiness)」です。転倒が様々なケガの原因になっている研究結果があるので、じゃあ普段の歩行から転倒リスクに対策していこうぜってアプローチ。

じゃあその歩く姿勢はどうやって測定するかって?

210608walking_02
210608walking_03

iPhone内蔵のセンサーを使うんですよ…! ポケットにiPhoneを入れて歩くだけで、歩幅や速度、左右ブレなどを測定。均等にい歩けているかどうかを測定します。いやいや、これすごく面白い! 歩行姿勢の測定ってクリニックや専門のトレーナーに見てもらうのが一般的なので、わりと大変なんですよね。

210608walking_04
210608walking_05

測定ログはヘルスアプリから確認可能。問題ない姿勢ならOKと表示され、月々のスコア変遷も確認できます。Badなスコアになってる人は、重心の位置や膝をかばってないかなど、意識して改善したいですね。改善アドバイスとかしてくれるのかな?

歩行の大事さって侮れないもので、膝や腰などの関節、外反母趾などで足そのものを痛めていればそこをかばうため歩行姿勢がいびつになり、結果的に姿勢が歪みます。歪んだ姿勢を続けていたために椎間板ヘルニアになっちゃった自分としては、姿勢の大事さは強く訴えたい次第。猫背だったり反り腰だったり内股だったりで歩いてる人見ると、心配になっちゃうのです…。

といっても重心の偏りや蹴り足や股関節を意識して普段から歩いてる人もそう多くないはず。自分の歩き方はどんなものなのか、「歩行安定性」がヘルスアプリに追加されたら早速試してみたい!

Source: Apple

    あわせて読みたい