映画館並のド迫力映像を満喫!?近視でもメガネ要らずな超美麗3Dヘッドマウントディスプレイ

  • 13,220

  • lifehacker
  • Buy
  • author 山科拓郎
映画館並のド迫力映像を満喫!?近視でもメガネ要らずな超美麗3Dヘッドマウントディスプレイ
Image: GOOVIS

こちらは、メディアジーン コマースチームからの記事です。

ライフハッカー[日本版]より転載:

営業時間短縮の影響で、映画館に足を運びにくい状況が続きます。今はあえて、自宅で映画を楽しむ方向に振り切っている方もいるのでは。

となると、鑑賞する環境をもっと豪華にしたくなりませんか? 大勢で楽しみたいならプロジェクターもいいですが、映画にどっぷり没入したいならヘッドマウントディスプレイも選択肢の1つでしょう。

Video: GOOVIS/YouTube

今回ご紹介する「GOOVIS LITE」は、600インチの仮想スクリーンで映像を楽しめる3Dヘッドマウントディスプレイ。実物の場合、比率が16:9なら幅13.283×高さ7.472mということになるから驚きですよね…!

映画館顔負けのド迫力映像を満喫できそうな「GOOVIS LITE」は、コンパクト&軽量かつデバイスを選ばず、解像度の面でも優れています。その魅力、ピックアップしてご紹介しましょう。

超高精細な映像を出力

ebef7f66e7c4140c9fddf1d78ff9680b
Image: GOOVIS

「GOOVIS LITE」の解像度は、業界最高クラスの53PPD (Pixel Per Degree: 角解像度)。14枚の精密光学レンズを組み合わせることで、鮮明な映像を画面端まで美しく表示します。

20PPDの他ブランド商品と比較したイメージ画像を見ると、その差は歴然。鳥の羽毛と美しい色合いが見事に再現されています。

df05d9322e3f69fe393c8b63daad34b3
Image: GOOVIS

さらに、ヘッドマウントディスプレイを利用する上で悩みのタネとなる、画面の歪みを1/10に軽減。レンズの“色収差=色のにじみやズレ”も数mm以下に押さえられているとのことです。

コントラスト比は200,000:1と高レベル。メリハリがありつつも疲労感を覚えにくい、鮮やかな映像を再生します。

コードレスなので、出先でのワイヤレス投映も可能

af908941095c9421a5fc929c718b00b2
Image: GOOVIS

付属の「GOOVIS Wireless Cast」は、Type-CとHDMIに対応。こちらを利用すれば、PCやタブレット、ゲーム機などさまざまなデバイスをワイヤレス投映可能になります。

さらに、2.4GHz帯or5GHz帯のWi-Fiで各デバイスと無線接続でき、ケーブル類が絡まる煩わしさはナシ。日常的に映像を楽しむ上で、ストレスフリーな使用感は、かなり重要なポイントですよね。

メガネをかけずに使用OK!

GOOVIS_1
Image: GOOVIS

地味ながらとても嬉しいのは、近視でもメガネを外したまま使えることでしょう。本体には度数調整可能なレンズが備わっており、+2D(遠視)から-7D(近視)までカスタマイズ可能です。

乱視の方には、追加で乱視補正用レンズも用意されているとのこと。本体重量は約200gで着用時の負担が少なく、長時間の映画鑑賞でも快適に楽しめそうです。


映像の美しさから利便性の高さまで、まさに至れり尽くせりな「GOOVIS LITE」。現在CAMPFIREでは、一般販売予定価格81,000円(消費税込み)のところ、47%OFFの42,900円(消費税・送料込み)から支援可能です。

ヘッドマウントディスプレイの進化を体験したい方、下記リンク先もぜひチェックしてみてください。

Image: GOOVIS

Source: CAMPFIRE, GOOVIS

    あわせて読みたい