仕事の気分転換に。球体を創作して遊ぶデスクトイ「geode(ジオード)」間もなく終了

  • 6,414

  • lifehacker
  • machi-ya
  • Buy
  • author 山田洋路
仕事の気分転換に。球体を創作して遊ぶデスクトイ「geode(ジオード)」間もなく終了
Image: giftym

こちらは、メディアジーン コマースチームからの記事です。

ライフハッカー[日本版]より転載:

仕事の合間のストレス解消にはどんなことをしていますか? ゲームや映画なんかもいいですが、パッと遊んで再び集中…ということができれば、仕事の生産性は高まりそうですよね。

現在machi-yaでクラウドファンディングに挑戦しているニューヨーク生まれのデスクトイgeode(ジオード)」は、瞬間的な仕事の気分転換にもってこいのプロダクト。欧米では大ヒットを記録したデスクトイの人気の秘密がどこにあるのか、とても気になるところ。間もなくキャンペーンが終了とのことですので、改めて遊び方を確認していきましょう。

欧米でブームのデスクトイ

デスクトイというワードにあまり馴染みがないかも知れませんが、欧米ではかなり浸透してきています。その理由として、「geode」を手掛けるニューヨークのブランド「SPEKS.(スペックス)」が前作手掛けたデスクトイは欧米で100万個以上を売り上げています。

EA239D9A-DEC1-4F53-8A36-6FBABDAF22B6
Image: giftym

おもちゃといっても子ども向けの玩具ではなく、大人が仕事の合間にリフレッシュ目的の用途のもの。「一度触ったら癖になる」とのことで、日本でも普及しそうな予感です。

作って壊すをシンプルに楽しめる!

6F0F580E-E32D-4D12-A27B-E7738175D18D
Image: giftym

すでにデスクトイ好きの方も、まだ遊んだ経験がない方も楽しめそうなのが、五角形のタイル12個から成る球体「geode」です。球体を作ったり壊したりして遊びます。

A571E40E-D739-4DAB-9E32-9EB7CDBCFBCE
Image: giftym

ポイントは、タイルの各辺に回転する強力マグネットがついているところ。吸いつくようにタイル同士がくっつくき、壊したときもぐにゃっと潰れて、簡単に手遊びができてストレス解消になります。

遊び方は、次から次へと編み出せる

6ED509B4-195D-4E54-BDFC-67BC0DA4E1BC
Image: giftym

「geode」は基本形の球体だけじゃなく、積み重ねて「パイナップル」や「タワー」といった形を自在に創作可能。これ以外にも、タイルを真上から落としてカチっとはめ込む遊び方もあります。

1133FEEF-1DCD-46A6-8A34-352907AFEA48
Image: giftym

もちろん、広げたタイルをグシャグシャ触るだけでも楽しめるので、何か考え事をするときに「geode」を触りながら考えたらいいアイデアがでるかもしれません。

リバーシブル仕様のタイルは4色展開

創作物をデスク上に置けば、さながらオブジェのよう。片面クリアで片面カラーとのリバーシブル仕様で、何気に洗練されたデザインも人気の秘密です。

0FF18906-7F8D-4D0E-B073-968CA682690C
Image: giftym

「geode」のカラーのバリエーションは4色。「lava(アップルレッド)」「cobalt(コバルトブルー)」「slate(グレーブラック)」「aqua(エメラルドグリーン)」で、どれもセンスが感じられますよね!

視覚と触覚、聴覚でも楽しめる「geode」は、現在machi-yaにてキャンペーン実施中。執筆時点では、早割8%OFFの3,496円(消費税・送料込み)の支援コースが選択可能となっています。2個セットなら超早割15%OFFの6,460円(消費税・送料込み)の支援コースも。カラーの組み合わせを楽しむのもありです。

キャンペーンはまもなく終了です。「speks」とのセットコースもありますので、ご検討ください。プロジェクトの詳細や申し込みは下記ページへアクセスを。


>>欧米で100万個突破のデスクトイ第二弾!!大人のストレス解消に!「geode」

Source: machi-ya

    あわせて読みたい