アメリカとカナダのセブンイレブン、2022年までに500基のEV用充電器を設置予定

  • author 岡本玄介
アメリカとカナダのセブンイレブン、2022年までに500基のEV用充電器を設置予定
Image: 7‑Eleven CORPORATE

コンビニ業界も持続可能な社会を目指しています。

日本でもおなじみ、コンビニエンスストアのセブンイレブンが、アメリカとカナダにある250の店舗にて500基のEV用充電器を設置することを発表しました。

これは地域社会に貢献し、さらにサスティナブルな未来に向けた試みとのこと。コンビニにある駐車場が、ただ車を停めるだけではなくなるのです。

今はまだ22基だけど

この充電システムは「Direct Current Fast Charging」、略して「DCFC」と呼ばれる直流高速充電ポートで、現在は4つの州にある14店舗に22基が設置されています。

210604_7eleven
Image: 7‑Eleven CORPORATE

ですが、もし500基が追加されれば、全米で最もEVチャージャーを備えた小売業者のひとつになるのだそうです。やっぱりEVの普及は充電施設もたくさんないと、特に広大な国土を持つアメリカでは、砂漠を突っ切る国道の真ん中で充電切れなんてシャレになりませんもんね。

米国のセブンイレブンは自然エネルギーにシフトしている

セブンイレブンは2027年までには各店舗から排出される二酸化炭素を20%抑える目標を立て、それを2019年に達成していたり、2030年までに二酸化炭素の排出量を半分にする誓いを立てたりと、環境への配慮を続けて来た企業。

テキサス州とイリノイ州にある合計1,100以上の店舗では、100%風力発電の電気を購入していたり、その他の州でも水力太陽光での電力を利用していたりと、かなり積極的に自然エネルギーを導入してきたのだそうです。なので、EV用の充電ステーション設置はその延長として自然な流れだったんですね。


どこにでもあるコンビニで、ちょっとした買い物ついでに充電できるようになれば便利ですし、充電が目的でついでに買い物…なんて効果もあるでしょうね。もっともEVがもっと普及すればの話ですけども?

Source: 7‑Eleven CORPORATE (1, 2) via SLASH GEAR

    あわせて読みたい