【Amazonプライムデー】これ一式揃えればOK! 初心者のためのソロキャンプセットまとめをセール価格で

  • 53,497

  • author ヤマダユウス型
【Amazonプライムデー】これ一式揃えればOK! 初心者のためのソロキャンプセットまとめをセール価格で

夏キャンに向けて!

昨今、何やらキャンプが流行っているようで。僕も平日の人の少ないタイミングを狙ってフィールドに出たりしてますが、いやぁ、良いものですよ。小川のせせらぎや炎のゆらめきが心を癒やす…1/fのゆらぎ…。

というわけで、密を避けつつ都会のしがらみからも解放される、ソロキャン装備一式をまとめました。キャンプデビュー、しようぜ!

これがないと始まらない、テント。半自立式のダブルウォールで、組み立てもシンプル。野外に自分専用の基地を作るだけで、ワクワクするんですよねぇ。ネイチャーハイクは安価ながら良いブランドですよ。

寝袋は探し始めるとかなり沼なので、真冬の寝袋以外ならコスパ最優先で良いと思います。この寝袋は足だけ出したりフルオープンでブランケットにしたりと、用途も豊富。

スリーピングマットは寝袋の下に敷くもので、寝心地や地面からの底冷え防止につながります。エアータイプやインフレータータイプなど色々ありますが、この蛇腹タイプは一つ持ってて損はないです。災害時には避難所で雑魚寝する時にも活躍します。

最近流行りのメスティン飯、挑戦してみましょうか。米炊き、炒め、何でもOK。メスティンのレシピ本も増えてきてるので、おうちメスティンご飯に挑戦してみるのも良いかも。

アウトドアのマグカップは、チタンが良し。軽くて頑丈、洗いやすい。直火もイケるので、マグカップで汁物を作ることも。フタがあるとないのとでは保温性に違いが出ます。

ランタンはキャンプだけでなく、災害用品としても一つは持っておくべきかと。ド定番のジェントスのLEDランタン、間違いないです。

キャンプに行ったら焚き火をしないで何をするっていうんだい? 焚き火台も沼ジャンルなので好みがわかれるところだと思います。調理しやすいかまど型から試してみて、火との対話スタイルを探っていきましょう。火は、良いものだ…。

焚き火に欠かせないのが、火吹き棒。もうこれないと炎が育たないまであります。ピンポイントに空気を送ってフゴォォ。

マグネシウムのファイヤースターター(火打ち石)は、火口や落ち葉に着火するためのもの。ブッシュクラフトをキメるならこれ。

キャンパーYouTuberがよくピックアップしてる、Unigearのタープ。はい、僕も使ってます。安い割に遮光性が良いんですよね。夏キャンには必須かと。

そして、風を強く受けるタープのペグは、付属のものより鍛造ペグの方が良いかと! 重さは正義、間違いない。

キャンプにおいて、椅子はもっとも長い時間を過ごす場所でもあります。なのでお金をかけて良い要素ですが、僕的には背もたれがあるハイバックタイプを推します。頭を預けられることで、はじめてお昼寝ができるんですわ…。

積載量に余裕があるなら、カーミットチェアタイプもアリ。自宅やベランダでも使えるデザイン、良いよね。うーん欲しい!

椅子に座って、炎を眺めながら、メスキットに入れたお気に入りのお酒をくいっと一杯。もう、言うことはありませぬ。至福。

良い夜には、良い酒が似合う。至福オブ至福。

Source: Amazon

    あわせて読みたい