ビル・ゲイツいつの間にか米最大の農場主に。イモ畑デカすぎて宇宙からも見える

  • 61,869

  • author satomi
ビル・ゲイツいつの間にか米最大の農場主に。イモ畑デカすぎて宇宙からも見える
コロンビア川北岸に広がる農場「100 Circles」もゲイツ所有。「宇宙からも見えるデカさ」だとNBC

世界が終わるときには畑を握る者が勝つ。

金なんか何の用にも立たない。ってことなのか…

ルイジアナ州の謎の投資家が、ワシントン州南部に広がる100 Circles(100の円形農場から成る穀倉地帯)、計14.5万エーカー(約5.9万ha)を1億7100万ドル(約190億円)でポンと買ったらしい」

そんな途方もない大型ディールの詳細が、地方紙「Tri-City Herald」に出たのは2018年のことでした。国内大地主の不動産投資を追うThe Land ReportのEric O’Keefe編集長もこれには口アングリだったみたい。こう書いています。

「後にも先にも聞いたことないスケールだ。

2年前にファームランドL.P.が買ったWeidert Farmで6000エーカー。

去年オンタリオ教職員年金プランが買ったBroetje Orchardsだって6175エーカー。

それでさえブルームーンイベント(超レア現象)なのに。

万エーカーだと? そんな金動かせるのはソブリン・ウエルス・ファンドか機関投資家ぐらいだろう」

売り手は編集長の睨んだ通り資産運用会社でしたが、買い手は謎でずっと気になっていたようですが、後日掴んだところによると、”ルイジアナ州の投資家”というのはほかでもないビル・ゲイツ。同様のアプローチで全米の農地を買い漁り、いつの間にか個人としては米国No.1の農場主になっていたのです!

ワシントンとオレゴンの州境を流れるコロンビア川流域(コロンビア・ゴージ)は、米国有数の肥沃な穀倉地帯です。ここにある100 Circlesを買ったのは、100C LLCというデラウェアで法人登記した不動産業務を取扱う有限会社でした。まあ、そこまではTri-City Heraldも掴んでいますし、金持ちがペーパーカンパニーを介することで不動産売買を秘匿化するのはよくある常套手段。ビル・ゲイツも資産運用を任せている金庫番マイケル・ラーソンの投資会社「Cascade Investment」で直接買ったり、間に別会社を立てて買ったりしていたというわけです。

ただ異常なのはその規模です。以下はそれやこれやで別れた夫人と共同で買った農地を、AcreValue.comがマップにまとめたもの。

20210623Bill-Gates-Farmland
Image: County Record via The Land Report

ひょえ~…。

私も老後は縁側のある家で畑をするのが夢なので、ときどき畑に良さそうな空き地や二束三文で買える山奥のボロ小屋を物色してるんですが、広くて1エーカーやら15エーカーってなもんですよね。26万8984エーカーというと10万haちょっとですか…平米に直すと10億平米超。あ、日本は東京ドームで数えなきゃね。えーと、東京ドームは4.7haだから、10万割る4.7で、東京ドーム2万1276個分。うげ、余計にわからなくなってしまった。ま、なにしろ全米18州にまたがる見渡す限りの畑がビル・ゲイツ農場になっていたのでありますよ。

The Land Report(真相究明の経緯は推理小説が吹き飛ぶ面白さ。機械翻訳でぜひ)の後追いでNBCニュースも事実に間違いないことを確認しました。それによると、ゲイツが水面下で買い占めをスタートしたのは2013年で、使ったシェルカンパニーはなんと22社。どれも実体のない有限会社でした。

「そんなに買って何するの?」って笑ってますが、なんか農場経営を直接やってるわけではなくて、そちらはノータッチ。あくまでも地主のポジションです。サスティナブルな農場経営会社とゲイツ財団は取引きがありますが、そういうことも特にしてなくて、前オーナーと同じように農薬をじゃんじゃん使ってるらしい…。純粋に投機目的、ですね。

まあ、株式市場がクラッシュしても土地は減りません。ビットコインが消えても土地は残ります。食料が枯渇したら最後は水戦争。灌漑用水と地下水脈の奪い合いで、ダイヤなんて石炭並みに価値は下落しますからね。そう考えてくると、これ以上確かな投資はないわけで。アメリカも農家の高齢化が進んでいて「農地の40%は65歳以上のシニアがオーナー」(NBC)で、今後世代交代が加速すると言われています。土地を買って耕して農業をやりたいと夢見る若者にとっては、「ゲイツが相手じゃ勝ち目ない…」とお先真っ暗になる動きですけどね…。

ちなみにゲイツ農園、作っている作物はにんじん、大豆、米、玉ねぎ、イモ、綿花などです。冒頭で紹介した100 Circlesではマクドナルド用のジャガイモも作ってます。フレンチフライ食べるときには、ああ、ゲイツファームのイモだなあ、としみじみ味わってみてくださいね。

Source: Tri-City Herald, The Land Report, AcreValue.com, NBC

    あわせて読みたい