残念…Apple Watchで体温や血糖値を測定できるのは、まだ先の話になりそう

  • 14,376

  • author Victoria Song - Gizmodo US
  • [原文]
  • 湯木進悟
残念…Apple Watchで体温や血糖値を測定できるのは、まだ先の話になりそう
Image: Victoria Song/Gizmodo US

来年以降のモデルに期待…。

いまスマートウォッチは、ヘルスケア分野で欠かせない役割を果たすようになってきています。心拍数や心電図、血中酸素濃度を測定しながら、新型コロナウイルスが猛威を振るうようになってからは、ますます日々の健康状態のチェックが、多くの人々に重要視される時代を迎えました。Apple Watchへの期待も高まるばかりではあるのですが。

流れはじめた、Apple Watch Series 7(仮)のウワサ

このほどBloombergは、新たに発表が迫るとされる「Apple Watch Series 7(仮)」について、最新のリークを報じています。いろいろ以前からうわさされてもいましたけど、大きくディスプレイまわりが進化を遂げるとされており、新プロセッサの搭載やAirTagと同じ高周波数帯のサポートなどなど、パワーアップしそうな模様。しかしながら、もっとも待ち望まれている、体温血糖値の測定機能の搭載は、まだ先の話になりそうだとのことですね。

すでにApple Watchは、Dexcom血糖値トラッカーとの連携を通じ、測定値をアプリ活用するなどの道は開いてきました。とはいえ、非侵襲的(針を使わない)で正確に血糖値を測定するのは至難の技。この分野では、いくつか先行メーカーはいるものの、Apple Watchが心電図測定を成し遂げたように、単体で血糖値測定にも対応してくれないものか? まさに悲願の新機能ではあるのですが、FDA(米食品医薬品局)による認可プロセスも含め、まだまだ長い道のりのようです。

一方、それよりはもう少し早めに実現しそうなのが、Apple Watchでの体温測定。実は、こちらの機能は、なんとかApple Watch Series 7(仮)から実装できないものかと開発が進められてきたようで、来年のSeries 8(仮)モデルくらいで搭載される運びが濃厚らしいですよ。すでに「Fitbit Sense」が体温測定に対応しているほか、ちらほらとメジャーなメーカーでも、体温計になるスマートウォッチをリリースしてきました。Apple Watchにも備わると、大歓迎されることでしょうね!

なお、どうやら2022年は、Apple Watchが大きな節目を迎えるタイミングとも予想されています。まずは、よりアウトドアでタフな環境において使える新モデルの追加がうわさされているほか、生まれ変わった「Apple Watch SE」のお披露目などにも注目が集まっているんだとか。同時に、それはSeries 3の引退をも意味しているのでしょう。こんな調子だと、今秋のApple新製品発表も待ち遠しいですが、その1年後まで楽しみになってしまいますよね~。

Source: Bloomberg

2021年6月16日11時50分:誤字を修正しております。

    あわせて読みたい