乗り換える? プライバシー重視ブラウザのBrave、検索エンジンを公開

  • 8,369

  • author 塚本直樹
乗り換える? プライバシー重視ブラウザのBrave、検索エンジンを公開
Image: Brave

https://www.shutterstock.com/ja/image-photo/poznan-pol-feb-6-2021-laptop-1938369556


これはいい流れ。

最近はApple(アップル)やGoogle(グーグル)などのプライバシー重視路線が発表されていますが、一方でプライバシー重視のブラウザを展開するBrave独自の検索エンジン「Brave Search」のベータ版を公開しました。

そもそもBraveのブラウザを知らないよ…という人も多いと思いますが、これは広告やトラッカーのブロック機能を内蔵した、プライバシーを高めたブラウザ。さらにTorによるプライベートブラウジング機能を搭載するなど、かなり先進的な設計です。また、プライバシーを重視した新しい広告モデルも取り入れています。

そしてBraveの検索エンジンでは、Google(グーグル)の代わりに独自のWebインデックス(検索データベース)を提供。プライベートで透明性の高い検索サービスを実現しつつ、ターゲット広告を排除しているのです。なお、現在無料で公開されているベータ版ではBrave独自の広告が表示されますが、今後は広告なしのプレミアムバージョンも検討しているそうです。

プライバシー重視の検索エンジンといえば、アヒルのアイコンでおなじみDuckDuckGoを思い出す人も多いでしょう。しかしDuckDuckGoはMicrosoft(マイクロソフト)のBingと独自のウェブクローラーのデータを組み合わせており、Braveはさらに独自性の高い物となっています。

Brave SearchはデスクトップやiOS/Android版のブラウザ、そして「search.brave.com」へとアクセスすることでも利用可能。試しに使ってみたところ、ごくごく普通の検索エンジンとして利用できる印象です。グーグルにはグーグルの言い分があるでしょうが、選択肢が広がるのはいいことですね。

Image: brave via The Verge

    あわせて読みたい