「EOS R3」開発情報第二弾。秒30コマ、手ブレ補正8段ほか情報量が多すぎる

  • 10,633

  • author 武者良太
「EOS R3」開発情報第二弾。秒30コマ、手ブレ補正8段ほか情報量が多すぎる
Image: キヤノン

α1と戦えるボディですわコレ。

キヤノンのフルサイズミラーレス「EOS R3開発情報の第二弾がやってきました。第一弾のときと比べて、いろいろなスペックが公開されましたよ。

EOSR3_12
Image: キヤノン

縦位置グリップ一体型はプロ仕様の表れみたいなものですが、内部のポテンシャルもプロ仕様そのもの。まず人物の頭部・瞳の検出機能がえげつない。「人物・動物に加えて、モータースポーツ(車・バイク)も認識可能に」って、ドライバー・ライダーの頭部を検出できるってことでしょ。しかも動画撮影中もピントを被写体を追従してくれます。

近年はAF速度・精度が上がったデジカメが増え、誰でもサーキットでの流し撮りがしやすくなりましたが、ドライバー・ライダーの頭部がガチピンなのってごくわずか。長年培ってきたプロカメラマンの技術がなければ撮れない被写体も撮れるようになるって、EOS R3の捕捉力すごくない?

EOSR3_1
Image: キヤノン

レンズ側の手ブレ補正機能とボディ側の手ブレ補正機能を協調させることで、約8段の手ブレ補正効果があることにも驚きます。ブレが目立ちにくい広角レンズを使ってのことではありません。RF24-105mm F4 L IS USMレンズの105mmテレ端で8段補正中望遠レンズまでなら三脚いらずとなるかもしれない事態、アツすぎます。

新しく登場する100mmマクロでも最大8段の手ブレ補正になるって。フルサイズポートレート派と花フォト組はアップしないと! now!

EOSR3_14
Image: キヤノン

EOS-1D X Mark III譲りのスマートコントローラ、マルチコントローラ、電子ダイヤルx3に、バリアングルモニターも搭載。アクセサリーシューはデータ通信&電源供給が可能な仕様に進化し、5GHz帯のWi-Fiも使えます。

sff
Image: キヤノン

外装もインパクトありますよね。シボ革を卒業して、パンチングメタルのような革を張り込みました。汗をかきやすいスポーツ撮影時でもこっちのほうがグリップ性能に優れると判断したのでしょうか。またボディはマグネシウム合金となります。

EOSR3_13
Image: キヤノン

RAW撮影でも約30コマ/秒の連写力、レンズは選ぶけどEV-7.0の暗闇でもピントを合わせるスキル。最新世代のLog撮影、RAW動画の内部記録、高精細な4Kオーバーサンプリングと動画機能も高めてきています。もちろんのように防塵防滴だし、プロ機材の凄みがありますねコイツには。

んで、価格はおいくらですか? ...まだ秘密なの?

Source: キヤノン


2021年6月2日17時47分修正:誤字を修正しております。

EOS R3 ほしい?

  • 0
  • 0
キヤノン

シェアする

    あわせて読みたい