Windows 10 ユーザーよ、2025年10月のサポート終了に備える時が来ました

  • 122,802

Windows 10 ユーザーよ、2025年10月のサポート終了に備える時が来ました
Image: Microsoft

1を足すみたいです。

マイクロソフトは、Windows 10のサポートを2025年10月14日に終了するとサポートページで公表しました。「Home」「Pro」の各エディションが対象です。「Home」と「Pro」は、2015年7月にリリースされたので、10周年を迎えた数ヶ月後に引退を迎えることになりますね。リミットまでは、残り約4年の猶予があります。

6月24日に開催予定のマイクロソフトのイベントでは、ほぼ確実に、Windowsの次期バージョン(たぶんWindows 11)が発表されることが予想されていますが、現時点ではわからないことだらけです。

NVIDIAもサポートページで、2021年10月から、Windows 7、Windows 8、Windows 8.1マシンでのGame Ready Driverのサポートを終了することを発表。これら古いWindows OSの公式アップデートは2021年8月31日が最後となります。

今後NVIDIAは、Windows 10およびそれ以降のWindows OSのサポートにフォーカスをしていくとのことで、重要なセキュリティアップデートに関しては、2024年9月まで提供されます。

なお全体のWindowsユーザーのうち、いまだにWindows 7の利用者は15%Windows 8および8.1の利用者は約5%と推定されています。コンピューターヘルプサイトのBleeping Computerが発表した、最新のハードウェア&ソフトウェア調査によると、古いバージョンのWindowsを利用するPCゲーマーの割合は減少していることが明らかになっていて、少なくともゲーム分野では、今後のOSのサポート終了に向けて良い兆候と言えますが、NVIDIA社製のグラフィックカードがサポートされなくなる3年間の間にOSをアップデートする必要があります。

そして6月24日のマイクロソフトのイベントでは何が発表されるのか、ますます気になってきますね。Windowsはまったく新しいバージョンに進化するのか、それともこれまで噂されてきたような外観の変更だけのモデルチェンジなのか。Windows 10が4年後にサポート終了することが確定したなら、Windows 11は確実に来ると思うんですよね。

ちなみにWindows 7 のサポートは 2020年1月14日に終了済み、Windows 8.1は、2023年1月10日に終了予定です。

マイクロソフトとNVIDIAは、サポートが終了したソフトウェアの世界に取り残されないよう、最新版にアップグレードするよう呼びかけています。

Windows 11 ほしい?

  • 0
  • 0

シェアする

    あわせて読みたい