近場ならこれでいける。原付スクーター並に乗れるEVスクーター「Free Mile Plus」

  • 63,955

  • author 武者良太
近場ならこれでいける。原付スクーター並に乗れるEVスクーター「Free Mile Plus」

まるで筋斗雲だよこの乗り心地! 筋斗雲に乗ったことないけど!

東京をはじめとした都市圏でシェアリング電動キックボードが始まりましたし、公道走行OKな電動パーソナルモビリティも増えてきました。実際に乗ってみるとアラ楽しい。

しかし電動キックボード。合理的で効率のいい乗り物かというと疑問がある。前輪が不安定で暴れる、サスペンションの容量が足りずにステップボードから伝わってくる振動で疲れる、コンビニ袋を下げるフックすらないなど、細かいところを上げていくとネガティブポイントばかり。ショートホイールベースの電動アクティビティを楽しむものとして捉えると、本当に楽しめるんですけどね。

もし実用性・安定性を重視したいのであれば、おすすめの1台がフリーマイルの「Free Mile Plus」。昨年から販売されている、またがり式の公道走行OKな電動スクーターです。初めて乗りましたが、あらいいですねコレ。坂の多い東京をラクに移動するのにグーな乗り物でした。

DSC08978_R
Photo: 武者良太

FRの1WDな片輪駆動式としては重めの車重約30kg。これは安定性を重視したものとのこと。確かに軽量な立ち乗り電動モビリティは重心が上に行きやすくてフラフラしやすいけど、コイツはどっしりと、高い直進安定性がありました。ま、ぶっちゃけ慣れなんですけどね。

写真2021-06-11152256_R
Photo: 武者良太

BMX用でしょうか。自転車用ハンドルパーツを使っているのも好印象です。自分のポジションにあったパーツに変えられるメリットがあります。またフリーマイルの方も、100均の自転車用コンビニ袋フックをつけてカスタムしていました。汎用品が使いやすいってのはありがてえ本当に。

ミラーも見やすい位置にあり、センタースタンドを立てて乗った状態でセッティングできる点も推したい。コレができない電動キックボードのなんて多いことか!

DSC08894_R
Photo: 武者良太

ハンドルに限らず、各パーツはユーザー自身が交換しやすい設計となっています。ただウインカーのボルト部分をシーリングしていない、ウインカースイッチのプリントが微妙にズレているし、プッシュキャンセル式(押し込んだら戻るウインカー)ではないなど、一部に安っぽいという印象を受けたのも事実。あと車重に対して、ブレーキの初期タッチが甘すぎないかなコレ。バイクや自転車をカスタムする人だけをターゲットにしているならいいんでしょうけど。

言い方を変えれば、すでにバイクや自転車の工具セットを持っているような人であれば楽しく面白く乗れるモビリティといえちゃう。人を選ぶ、ってヤツですね。

DSC08937_R
Photo: 武者良太

着脱式のバッテリーは48V 10Ah(最大航続距離30km)/48v 13Ah(同40km)と、ちょっとした距離の移動に使うならいい感じ。外した状態でも、車両に装着した状態でも充電は可能ですよ。

DSC08963-2_R
Photo: 武者良太

折りたたみ式のボードに右足を載せ、左足で地面を蹴ってからアクセルをひねると、スムースに加速していきます。車列から抜け出せるようなパワーはないにしろ、幹線道路にさえいかなければ十分でしょう。公称の最高速度は45km/hで、乗ってみるとこの数値に間違いはないなという感じもする。

DSC08985_R
Photo: 武者良太


DSC08982_R
Photo: 武者良太

コイツのもっとも推しなところ前後に備わったサスペンションです。しかもリアは2本サスでバネの長さ(硬さ)も調整できるときた。10インチホイールの電動モビリティとは思えないほど乗り味が柔らかく、疲れにくくていいじゃない!

DSC09023_R
Photo: 武者良太

そして標準付属品のシートをつけてスクータースタイルにすると、さらにフッカフカです。高級車の乗り味といいますか、浮遊感すらある。シートポストにもサスペンションが入ってるって。乗り心地への追求度、ハンパないっすね!

DSC08927_R
Photo: 武者良太

ハンドルポストは折りたたみ可能です。ただし引いて歩くといったことはできなさそう。またポストを固定する機構もないので、クルマの荷台に載せて運ぶとなるとハンドルが揺れて、折りたたみ部に余計なチカラがかかりそう。別途ベルクロテープ(面ファスナー)を用意して巻いて固定したいところですね。

気になるお値段は48V 10Ahのバッテリーつきが17万3800円、48V 13Ahのバッテリーつきが18万3800円ですが、発売一周年記念&ECサイト+Styleでの取り扱い記念として割引セール中です。7月10日まで13万9000円、14万9000円で購入できますよ。

Source: Free Mile , +Style

Free Mile Plus ほしい?

  • 0
  • 0
Free Mile

シェアする

    あわせて読みたい