iOSに並んだ? Android 12の新ベータ版で追加機能満載

  • 34,774

  • author Sam Rutherford - Gizmodo US
  • [原文]
  • 湯木進悟
iOSに並んだ? Android 12の新ベータ版で追加機能満載
Image: Google

抜きつ抜かれつなのです…。

世は新たに発表されたiOS 15目玉機能の話題などなどでもちきりですが、すでにGoogle(グーグル)は、先月のGoogle I/Oにて、次期大型アップデートとなる「Android 12」のお披露目が終わっており、初のパブリックベータ版もリリースされていました。その個性的なデザイン性の「Material You」への注目度は高そうです。

このほどGoogleは、セカンドバージョンベータリリースを実施。前バージョンでは試すことができなかったさまざまなAndroid 12の目玉機能を、実際に自分の目で確かめることが可能になりました。あっ、もちろん、ダウンロードしてAndroid 11スマホへインストールするのは、あくまでも自己責任でですけどね。

210520_android12features3
Image: Google

アプリの動きがわかるプライベートダッシュボード

まずは新たなプライバシーダッシュボードを実装してきました。過去24時間に、どのアプリがデバイス上のマイクやカメラを使い、位置情報を利用したのかなどが一目瞭然。ただ利用状況を示すのみならず、怪しい動きをするアプリを見つけたら、そのアプリへのパーミッション設定もダッシュボード上ですぐに変えられるようになっていますよ。

210610android12c
Image: Google

常時カメラとマイクの使用状況を表示

そして、常に使用中は右上にマイクカメラアイコンを表示しつつ、いまなにかのアプリで、マイクやカメラがオンになって使われていることがわかるようになりました。これって、Apple(アップル)が、すでに昨年のiOS 14のリリースで実現していたものですけどね。Android 12では、ただ使われているかどうかがチェックできるだけではなく、クイック設定メニューを引き出せば、わずか2タップほどで完全にマイクやカメラをオフにできるようにもなっています。

プライバシー保護の強化という意味では、クリップボードまわりのセキュリティもよくなりました。もしアプリが、勝手にクリップボードにコピーされているテキストや画像などの情報を読み取ろうとすると、すぐに警告メッセージを表示。あっ、でも、こちらもiOS 14から実装された新機能と同じものではありますが。

そのほかに目立つUI(ユーザーインターフェース)の追加としましては、ネットワーク接続を管理するインターネットパネルが、とっても使いやすくなっています。瞬時にモバイルデータ通信のオン/オフを切り替えられ、Wi-Fiシグナルのスイッチやトラブルシューティングも、より直感的に進められますよ。いつ正式リリースになるのか、とっても楽しみなかぎりです。

    あわせて読みたい