サムスンがiPhone 13の120Hzディスプレイの生産を開始?

  • 6,313

  • author 塚本直樹
サムスンがiPhone 13の120Hzディスプレイの生産を開始?
Image: ViktoriyaFivko / Shutterstock.com

iPad Pro並みに?

これまで何度も語られてきたiPhoneの画面駆動速度の高速化ですが、今回こそ本当かもしれません。海外からは、Samsung(サムスン)が次期iPhone(iPhone 13 Pro)むけに120HzのLTPOディスプレイの生産を開始したことが報告されています。

The Elecの報告によると、この高速駆動ディスプレイはiPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Maxの2機種に採用されるとのこと。また、下位モデルのiPhone 13シリーズ向けにはLGがLTPSディスプレイの生産を開始したことも報じられています。

Appleといえば、すでにiPad Proで120Hz駆動のProMotionディスプレイを採用しています。このProMotionディスプレイがiPhone 12にも導入される…と期待されていたのですが、残念ながら昨年はそのような進化はありませんでした。

高速駆動ディスプレイがiPhoneに導入されればゲームなどでは画面描写のレスポンスがよくなり、相手よりも素早く反応することが可能になります。また、指でタッチしたときの操作感も向上するのです。

ノッチの小型化カメラの大型化などが噂されるiPhone 13シリーズですが、ディスプレイの進化にも期待したいですね。

Source: The Elec via MacRumors

    あわせて読みたい