コスパのいい新モデル。アイロボットの教育用ロボ「Root rt0」はプログラミング教育を加速させるか?

  • author 小暮ひさのり
コスパのいい新モデル。アイロボットの教育用ロボ「Root rt0」はプログラミング教育を加速させるか?
Image: アイロボットジャパン

求めやすくなった、学びと体験の友。

ルンバやブラーバでおなじみ、アイロボットの「Root」は、アプリやブラウザからプログラムを組んで、思いどおりに動かせる教育用プログラミングロボット

最近話題になっている「プログラミング的思考」を育む教育カリキュラム(いわゆるプログラミング教育)に向け、現在34 都道府県の小学校に導入。「プログラミングが身近になった」なんてポジティブな声もあるそうです。

Video: iRobot Japan / YouTube

機能を限定して5,000円安い「Root rt0」登場

2021-06-08rootk01
Image: アイロボットジャパン

その「Root」の新モデルがこの「Root rt0」です。

従来のRoot(Root rt1)と同様に、プログラミングして動かしたりマーカーでお絵かきできるってのは共通ですが、一部機能がオミットされています。具体的には以下。

■オミットされている機能

天板のホワイトボード / イレイサー / カラーセンサー / 段差センサー / マグネッ ト

天板のスケルトン仕様はかっこよくなった気もしますけど、各種センサーが減っているので、カラートレースや段差検知系のアクションはできなくなっています。また、マグネットもないのでホワイトボードにくっつきません。でも、価格はRootよりも5,000円ほど安い2万4800円

安価になれば生徒にも台数確保しやすくなる?

この廉価モデル投入の背景としては「Rootは便利だけど、生徒にみんな配布するのは予算的に厳しい…」といった声もあったそう。

そこで、機能をシンプルにしたモデルを投入することによって、先生は 「Root rt1」を使って、ホワイトボードでデモンストレーシ ョン。生徒は「Root rt0」で床や卓上で再現するなど、フレキシビリティの高い指導が可能になるとのこと。

「Root rt0」は7月8日からアイロボット公式オンラインストアや、 iRobot Education 認定販売代理店で購入できます。

プログラミングを学ぶにしても画面の中での座学だけじゃなくて、「目の前でロボットが動く」という結果が得られて、トライ・アンド・エラーがすぐにわかる。これって、子供からしたらすごくエキサイティングな体験になる気がするんですよね。

ロボットというと実用面ばかりが先行してしまいますが、こうした「学び」のためのロボットも、今後は広く求められていくのかもしれませんねー。

Source: アイロボットジャパン

    あわせて読みたい