交換中もゲーム機との接続が切れない、Xboxコントローラー用バッテリーパック

  • 8,712

  • author Andrew Liszewski - Gizmodo US
  • [原文]
  • 塚本直樹
交換中もゲーム機との接続が切れない、Xboxコントローラー用バッテリーパック
Image: OtterBox

ゲームプレイを止めないスタイル。

Xboxのコントローラーのように、乾電池またはバッテリーパック交換式のコントローラーなら、充電が切れても数時間ゲームができなくなることはありません。しかし、新しいバッテリーパックに交換する際にゲーム機から接続を一度解除することになります。しかしOtterBoxの新製品「Power Swap Controller Batteryは、ゲーム機との接続を失うことなくバッテリーを交換できます。

ゲームを一時中断して新しいバッテリーパックをコントローラに入れるのはそれほど大きな問題ではありませんが、その後にコントローラをXboxに再接続するプロセスは、オンラインのマルチプレイヤーバトルを妨げてしまいます。そこでOtterBoxはXbox OneおよびXbox X/Sコントローラーの電源パックを、充電式のバッテリーパックとバックアップ電源を内蔵したクイックリリースインサートという2パーツで設計しました。これによりゲーマーは、バッテリーパックを取り外してから30秒以内に充電済みの新しいバッテリーパックを取り付ければ、コントローラーの接続が切れることなくゲームが続けられるのです。

Image: OtterBox

さらにOterBoxは、片手で簡単にバッテリーの交換ができると主張しています。またバッテリー交換が必要になったときにはゲーマーに注意を促すために、各バッテリーのステータスライトに加えて、不気味な光でプレイヤーの手を照らす明るい赤色のLEDを搭載しています。

Image: OtterBox

60ドル(約6,600円)の「Power Swap Controller Batteries」は2個入りで、それぞれ約10時間のゲームプレイが可能です。2つのバッテリーパックを同時に充電できる充電ドックが付属しますが、2個のバッテリーにはUSB-Cポートも搭載されていて、USB-Cケーブルで直接充電することもできます。また、Power Swapのバッテリーとクイックリリースインサートは合わせても単3乾電池1本と同じ重さなので、コントローラーが重くなることもありません。

OtterBoxの新製品「Power Swap Controller Battery」 ほしい?

  • 0
  • 0
OtterBox

シェアする

    あわせて読みたい