iPhoneをバグらせる呪いのWi-Fi名。もしつながっちゃったら設定リセットして

  • 124,581

  • author 塚本直樹
iPhoneをバグらせる呪いのWi-Fi名。もしつながっちゃったら設定リセットして
Image: Camilo Concha / shutterstock.com

これは怖い…

インターネットの世界にはウイルスや詐欺サイトなど、意外な落とし穴がたくさんあります。そして最新の報告では、iPhoneを特定の名前のWi-Fiネットワークに接続すると、一時的にWi-Fi機能に問題が発生してしまうそうです。

セキュリティ研究者のCarl Schouさんの報告によると、iPhoneから「%p%s%s%s%s%n」という名前のWi-Fiネットワークに接続しようとすると、まず接続に失敗します。そしてその後にWi-Fi機能を使おうとすると、上の動画のようにWi-FiからAirDropまでが使えなくなってしまうのです。

なお、この問題はiPhoneを再起動しても直りません。解決方法としては、ネットワーク設定をリセットする必要があるとのこと。もしこの問題を知らなかったら、パニックになってしまうかもしれませんね。

それではなぜ「%p%s%s%s%s%n」というネットワーク名が危険なのかについてですが、9to5Macは「任意のメモリ書き込みやバッファーオーバーフローによりメモリ破壊が発生し、iOSのプロセスが終了してしまうのだろう」と推測しています。任意のメモリ書き込みやバッファーオーバーフローと聞くとマルウェアのリスクが気になります…が、現時点ではそのような報告は登場していません。

なお記事執筆時点では、この問題に関するApple(アップル)からのバグ修正などは発表されていません。このような怪しいネットワーク名を見つけたら、絶対に接続しないようにしましょうね。

Image: Carl Schou Showed (Twitter) via 9to5Mac

    あわせて読みたい