3Dプリントで自分にぴったりのサイズで作ってくれる電動キックボード。日本で走れます

  • author 三浦一紀
3Dプリントで自分にぴったりのサイズで作ってくれる電動キックボード。日本で走れます
Image: SCOTMAN

21世紀っぽいよね。

街中の手軽な移動手段として注目されている電動キックボード。あると便利だなと感じますが、自分の身体のサイズに合ってなかったりするとたいへんそうかな、なんて思ったりもします。

特に身体が大きい人や、小柄な人は気になっちゃいますよね。

210601SCOTMAN-03

そんな不安を解消してくれる電動キックボードが「SCOTSMAN」です。こちら、3Dプリントによるオーダーメイドができるんです。

Video: Scotsman/YouTube

素材はカーボンファイバーで耐久性と軽量化を両立。ホイールは10インチとなっています。折りたためばコンパクトになるので、レジャーに持っていくのもいいかも。

モーターは2台搭載されているので、見た目よりもパワフルな走りをしてくれそう。もちろんスマホと連動してさまざまな機能を使うことができます。

210601SCOTMAN-04

バッテリースロットは2つ。バッテリーを2つ搭載すれば、長い時間運転することが可能。また、バッテリーは家庭用コンセントから充電可能なだけでなく、パススルー機能も備えているので、充電しながらスマホやタブレットなどへの充電も行なえます。

210601SCOTMAN-06
選べるカラーは全5色。

こちら、現在Indiegogoでクラファン中。モーターが250W×2基の「SCOTSMAN 500」は1,599ドル(約18万円)から支援できます。そのほか、モーターが500W×2基の「SCOTSMAN 1000」、1,000W×2基の「SCOTSMAN 2000」もありますよ。

「うーん、でもせっかく買っても日本の公道じゃ走れないんでしょ?」

大丈夫! なんと日本仕様のアップグレードも用意されています。このアップグレードも一緒に注文すれば、日本でも走れますよ。あ、第一種原動機付自転車の免許が必要になるので、持っていない方は取得してくださいね。

Image: SCOTSMAN

Source: SCOTSMAN

    あわせて読みたい