Sharkの新型ハンディ掃除機「EVOPOWER EX」はスペアバッテリー持ち歩かなくてOK。吸引力2倍、駆動時間3倍だから

  • 6,479

  • author 小暮ひさのり
Sharkの新型ハンディ掃除機「EVOPOWER EX」はスペアバッテリー持ち歩かなくてOK。吸引力2倍、駆動時間3倍だから
Image: Shark

軽量さに、パワーと時間も備えて最強に見える。

気づいたときにササッと掃除できるフットワーク性で、1台あると何かと便利なハンディ掃除機。

ここ数年はShark(シャーク)のハンディ掃除機「EVOPOWER」が、小さくてかっこよくて使いやすい、定番の1台でしたが、その定番の新モデル。第2世代となる「EVOPOWER EX」が登場しました

2021-06-01evokkkk004
Image: Shark

第2世代ということで、前モデル(EVOPOWER W35)が抱える課題がいくつも解決されています。

わかりやすい数値的なところからチェックしていくと、前モデルW35と比べて、吸引力が2倍。駆動時間は12分→最長35分と約3倍に伸びました。

はい、2倍と約3倍です。バランス調整失敗しちゃったRPGかよ! みたいな伸び率。それでいて重量は+20gで収まってるってんだからすごい。

稼働時間と吸引力についてもうちょっと詳しく書くと、エコモードでは約35分、標準モードで約20分、強力なブーストモードで約8分となっています。標準モードの20分でも、サイズを考えると結構すごくない?


付属品やドックも進化。1台でどこでも対応できるハッピーセット

2021-06-01evok01
Image: Shark

付属品もバージョンアップしています。

一部のモデルではフロア掃除用のフローリング用延長ノズルや、髪の毛やペットの毛に強いミニモーターヘッドが付属。

2021-06-01evok02
Image: Shark

便利さを底上げしているのが、上位モデルに付属する充電ドック。フローリング用延長ノズルを除けば、セットのノズル(隙間用ノズル・マルチノズル)が全部収まるようになりました。

ハンディタイプは、どうしても卓上限定っていうイメージを抱いちゃうけど、パワーもアップして、ノズルも豊富で、駆動時間も伸びているとなると、部屋全体のキレイ維持に貢献できそう。卓上に限定するのはもったいない機能・拡張性ですね。

ちなみに、前モデルを使っている編集部のあみとうさんは、「掃除するときはスペアバッテリーをポケットに突っ込んで、力尽きたら交換する」って言ってたけど、これ(EVOPOWER EX)なら、あみとうスタイルから脱却できそうな予感がします


3モデル展開。モデルによってカラーが異なります

EVOPOWER EXは3モデル展開。基本的な性能は同じですが、カラーと付属品が異なっています。

2021-06-01evokkkk001
Image: Shark

最上位の「WV406JGG」はシルバーを基調としたグレージュカラー。

付属品は「フローリング用延長ノズル」「ミニモーターヘッド」「隙間用ノズル」「マルチノズル」とリッチな構成。充電ドックには、長物以外の付属ノズルが収まります。価格は2万9700円。

2021-06-01evokkkk002
Image: Shark

フローリングは掃除しないかな…!という方は、ダークチョコレートカラーの中堅モデル「WV405JDC」をどうぞ。「ミニモーターヘッド」「隙間用ノズル」「マルチノズル」と付属品が収まる充電ドックが付属します。価格は2万5850円

2021-06-01evokkkk003
Image: Shark

卓上のささっと掃除がメインという方は、シンプル構成の「WV400JRR」ローズレッド。「隙間用ノズル」「マルチノズル」の最小構成で、価格もお手頃の2万2000円です。

選択肢があるのは良いのですが、カラーによって、グレードが違うのはちょーっと残念。

僕、ローズレッドがかわいくていいな〜。って思ってたんですけど、ローズレッドを選ぶともれなく、ミニモーターヘッドが付属しないわけで…。

ムズイわー…。これはムズイ!

Source: Shark

EVOPOWER EX ほしい?

  • 0
  • 0
Shark

シェアする

    あわせて読みたい