ソニーがサスティナブルな紙素材を開発。商品パッケージにも使っていきます

  • 17,893

  • author ヤマダユウス型
ソニーがサスティナブルな紙素材を開発。商品パッケージにも使っていきます
Image: Novikov Aleksey / Shutterstock.com

見た目にも環境にも優しく。

環境に負荷をかけない持続可能性が注目される昨今、ソニーはサプラスチック不使用のスティナブルな独自紙素材「オリジナルブレンドマテリアル」を開発したと発表しました。

210611sonysustainable
Image: ソニー

原料になるのは産地を特定したさとうきび市場回収したリサイクルペーパー。竹は中国・貴州の3つの山で栽培されているもので、パンダの餌になる竹は使いません。さとうきびはタイ・ナコーンサワン半径100km圏内の畑で栽培されたものを使用し、砂糖を生成する過程の絞りかすを素材に使います。

「オリジナルブレンドマテリアル」は、こうした素材の持ち味を活かすため無着色で使われます。エンボス加工が可能なため、インク以外での印字も可能。ソニーは環境中期目標Green Management 2025にて、「新たに設計する小型製品のプラスチック包装材全廃」を目標としています。

ソニーの最新ワイヤレスイヤホン「WF-1000XM4」では、本素材をパッケージとして使っていましたね。手触りも見た目もよく、量販店の販売エリアでも目立ちそうだなーと思いました(捨てやすいのもありがたい)。イヤホンをはじめ、あらゆるソニー製品のおくるみが変わり始めます。

Source: ソニーグループポータル(1, 2

    あわせて読みたい