白米感覚で炊ける&食べられる! カロリー控えめも嬉しい「金芽ロウカット玄米」

  • 7,654

  • lifehacker
  • Buy
  • author 山科拓郎
白米感覚で炊ける&食べられる! カロリー控えめも嬉しい「金芽ロウカット玄米」
Photo: 山科拓郎

こちらは、メディアジーン コマースチームからの記事です。

ライフハッカー[日本版]より転載

突然ですが、皆さんは玄米が好きですか? 白米と比べると味や食感にクセがあるので、ここは回答が分かれるのでは。「大好き!」「おいしく炊くのが大変…」「ニオイが苦手」などなど、いろいろな声が聞こえてきそうです。

私も味は好きなのですがあまり体質に合わないのか、食べると胃が重くなる印象…。でも、栄養価の高さや白米と比べると低カロリーな点は大きな魅力だし、上手く生活に取り入れる方法はないかと考えていました。

Photo: 山科拓郎

そんな折に発見したのが東洋ライスの「金芽ロウカット玄米」です。「“ロウカット”ってなんだろう?」と思ってパッケージの説明を読んでみたところ、これは読んで字のごとく。玄米表面にある防水性の高い蝋(ロウ)層をカットすることで、栄養価はそのままに、ふっくらおいしい炊き上がりになるのだとか。

「これはぜひ試してみたい!」ということで、さっそくAmazonから購入。実際に玄米を炊いてみた感想をお届けします。

玄米の弱点を克服!?

Photo: 山科拓郎

付属していたスタートブックには、「金芽ロウカット玄米」のさまざまな特長が書かれています。

中でも個人的に嬉しかったのが、消化性に優れているところです。人間の胃の消化液と同等の方式でテストした結果、白米と同等の消化性が認められたとのこと。

さらに、栄養価は通常の玄米と同等で、カロリーや&糖質は白米と比べて約30%オフというから、メリットだらけですね…! 全体的に、玄米の弱点を克服している印象を受けました。

炊くのも超簡単!

Photo: 山科拓郎

ここまでだけでも優秀なのはわかりましたが、気になるのはそのお味です。スタートブックに記載されていた内容にならって、炊飯器で2合炊いてみました。ちなみに、手順は下記の通りです。

  • 無洗米なので、そのまま軽量カップで2合分をお釜に投入
  • 軽量カップ1杯の「金芽ロウカット玄米」につき、同じカップで水を1.5〜2杯入れる
  • 1時間以上、つけ置きする
  • 炊飯器の白米モードで炊飯する

これ、白米を炊くときとほぼ同じ手順でめちゃくちゃ手軽ですね! 私は固めの炊きあがりが好きなので、米1杯につき水1.5杯で準備しました。

Photo: 山科拓郎

手間いらずでふっくらおいしい

Photo: 山科拓郎

甘〜い香りとともに炊きあがりの音が鳴ったので、木製のおひつに移動。お米から出る余分な蒸気を吸収し、おいしい状態を保ってくれるありがたい存在です。

Photo: 山科拓郎

豚汁にひじき煮、山芋の千切りなど、一汁三菜を並べてみました。玄米を食べるときって、やっぱり和食が恋しくなるのは私だけでしょうか(笑)。

食べてみた感想としては、玄米特有のもそもそした食感は感じられず、白米と比べても違和感のないふっくら加減がナイスでした。ほのかに香ばしさが感じられるのも食欲をそそり、おかずとの相性も申し分ありません。

リモートワーク中心で運動不足気味の昨今、おかわりはちょっと気が引けます。…が、カロリー控えめなので、もりもり食べても罪悪感が少し薄れるのもいいところです。食べた後に感じていた胃の重さもなく、これなら継続していけそうだと感じました。


白米同様、お粥や混ぜご飯、チャーハンなどの料理にも活用できそうな「金芽ロウカット玄米」。個人的には、最近食べ比べに凝っているレトルトカレーを試してみたいところです。口にすればきっとQOLが上がるおいしさ、ぜひお試しください。

Photo: 山科拓郎

Source: Amazon

    あわせて読みたい