AMDのRadeonシリーズGPU、アップデートで大幅に実力アップ! NVIDIAに迫るパワーアップも

  • 18,153

  • author 湯木進悟
AMDのRadeonシリーズGPU、アップデートで大幅に実力アップ! NVIDIAに迫るパワーアップも
Image: Sam Rutherford/Gizmodo US

同じ製品がパワーアップ!

新製品は、購入したときがベストのパフォーマンスで、あとは時間がたてばたつほど下がっていくのみ。そんな固定観念を覆す現象を昨今はソフトウェアアップデート体感できるようになってきていますけど、ことGPUの世界では、さまざまなドライバアップデートや最適化を通して、うれしいパフォーマンスの向上が見られたりもします。なかには、驚くような改良ペースもあるものでして…。

このほど3D Centerは、AMDのRadeon GPU 3機(RX 6800、RX 6800 XT、RX 6900 XT)と、NVIDIAのGeForce GPU 3機(RTX 3070、RTX 3080、RTX 3090)のパフォーマンスを測定したベンチマークスコアを、2020年12月と2021年6月で比較検証。それぞれの対決判定を比べてみたところ、AMDのRadeon RXシリーズのパフォーマンス向上率が、NVIDIAのGeForce RTXシリーズを上回り、逆転現象すら生じていたそうです。

Radeon RX 6800対GeForce RTX 3070の比較は、明らかにRadeon RX 6800へ軍配が上がるのは当然のこととして、2020年12月の時点では、フルHD、WQHD、4Kの3つの解像度すべてで、Radeon RX 6800 XTはGeForce RTX 3080に、Radeon RX 6900 XTはGeForce RTX 3090に完敗の結果が報告されていました。やっぱりGPUは、NVIDIAのお家芸ですものねって感想しかなかったのですが。

2107083dcenter
Image: 3D Center

たとえばこのグラフでは、上にRadeon RX 6800 XTGeForce RTX 3080のベンチマークスコア比較結果を、下にRadeon RX 6900 XTGeForce RTX 3090のベンチマークスコア比較結果が表示されていますけど、いずれも上側の2020年12月時点では、完全に右側のNVIDIA製のGPUのほうへ、圧倒的なパフォーマンス差で触れている様子が一目瞭然。ところが、半年後に再び比較してみたところ、4Kの解像度以外の環境では、AMD製のGPUの健闘が目立ち、RadeonがGeForceにパフォーマンスで上回っている場面も見られていますね。

この原因についてはさまざまで、一部にはAMDのSmart Access Memory(SAM)をサポートするシステムや、よりRadeonシリーズのGPUに有利な結果が出やすいゲームソフトがベンチマーク測定に用いられるようになったなどの意見が挙がっています。ただし、GeForceシリーズのGPUも、Resizable BARへの対応など、ドライバの最適化アップデートを通じたパフォーマンスの向上が、同じ期間に見られなかったわけではありません。とはいえ、AMDのGPUのほうが、フルHDやWQHDの解像度でググンとパフォーマンスをアップさせることに成功してきたことは疑いようのない事実のようですよ。

もちろん、今回の比較は、あくまでも特定の環境下でのみ、AMDがNVIDIAを逆転するようになったというだけで、依然として4K解像度では、まったくRadeonがGeForceにおよばず、あとレイトレーシング対応では、いまでも格段にAMDが追いかけるスタンスであることに変わりはないでしょう。ただこのところRadeonシリーズの台頭は無視できないものがあって、いつまでもNVIDIAが王者でいられるかどうかは、やはり今後も両社のせめぎ合いの行方にかかっているのでしょうね。

Source: 3D Center

    あわせて読みたい