100台超の4Kカメラで能楽を撮影&3D化! ボリュメトリックビデオで伝統芸能をバーチャル空間に落とし込む

  • 5,457

  • author ヤマダユウス型
100台超の4Kカメラで能楽を撮影&3D化! ボリュメトリックビデオで伝統芸能をバーチャル空間に落とし込む
Video: Image: Canon / Edit: ギズモード・ジャパン

バーチャル脳、いや、バーチャル能。

55台のフルサイズミラーレスで撮影した写真から3Dモデルを作る、すごい技術が世の中にはあります。じゃあ、それを写真ではなく4K動画で、しかも100台以上のカメラで撮影したらどんなデータが撮れるの?

キヤノンが2021年7月2日、ボリュメトリックビデオ(Volumetric video)によって撮影した能楽の映像を公開しました。ボリュメトリックビデオとは空間や動きなどをまるごと三次元データとして撮影する技法で、iPhone 12 Proなどにも搭載されているLiDARセンサーでもボリュメトリック撮影ができます。「Rememory」という撮影アプリが最近リリースされましたね。

210706canonnouibm_02

公開された能楽の映像は、人物こそ実写ですが背景やエフェクトは完全にCG。これはグリーンバックで囲われた専用のスタジオ内で演目を撮影し、日本IBMの並列計算専用サーバーIBM Power System AC922と広帯域ストレージを組み合わせた高速インフラにより、リアルタイムな映像描写を実現しています。そう、このバーチャル能楽はキヤノンと日本IBMの協業により生まれた作品なんです。

210706canonnouibm_03

演目を撮影しながらリアルタイムに3D背景を映している様子。メイキング映像ではコントローラーで視点を動かしている様子も伺えますが、まるで神の視点ですね…。同スタジオはボリュメトリックビデオ技術でCMや番組制作にも協力しています。

二社は、ボリュメトリックビデオ技術を活用した芸術・芸能分野の新たな価値創出に向けて、2021年7月2日に協業を発表しました。今回の能楽の映像はその第一弾。撮影した作品がVRデバイスで楽しめるようになったりすれば、現実では不可能な視点からの鑑賞や、バーチャル空間での伝統芸能のような新たな体験が味わえるかもしれませんね。

Source: Canon VOLUMETRIC ART SHOW, キヤノングローバル, AppStore

    あわせて読みたい