イーロン・マスク現実を知る「自動運転は難しいね」

  • 61,665

  • author 塚本直樹
イーロン・マスク現実を知る「自動運転は難しいね」
Photo: Justin Sullivan / Getty Images

うん、まあ、みんな気づいてましたよ。

将来的な自動運転技術の実現を目指し、邁進し続けるTesla(テスラ)とイーロン・マスク氏。そんなマスク氏から、ちょと弱音とも聞こえる発言が漏れています。

「ハハ、自動運転ソフトウェアのベータ版はそろそろだよ!

広い範囲の自動運転は、いまあるAIのいろんな部分(の課題)を解決しなければならず、難しい問題だね。こんなに難しいとは思わなかったけど、あらためて考えてみるとこの難しさは明らか。現実よりフリーダムなものはないからね。」

Teslaといえば、現時点では部分的な自動運転を実現する「Full Self-Driving(FSD)」のベータ版を車両に配布しており、次期バージョンの「FSD v9 Beta」ではカメラだけで周囲の様子を検出する「テスラビジョン」が導入されます。しかし、2021年の現時点でも「完全な自動運転」の実現の見通しはたっていません。

なおマスク氏は、ここ数年、毎年のように「今年は自動運転が完成するよ!」と予測/発言しています。

2019年: 「2019年中にTeslaの自動運転は人を超えるかも

2020年:「2020年に無人タクシー乗れるよ

それが今年はトーンダウンした形ですね。

ま、テスラや宇宙開発企業のSpaceX(スペースX)の計画を見ても、マスク氏はビジョンを語りがち&スケジュールが正確でないことには慣れっこですけどね。多少の遅れは織り込み済みですから、いずれ完全な自動運転を実現してほしいものです。

Source: Elon Musk (Twitter) via electrek

    あわせて読みたい