今すぐiOS 15・ watchOS 8・iPadOS 15を試したい人、対応端末を確認!

  • 12,741

今すぐiOS 15・ watchOS 8・iPadOS 15を試したい人、対応端末を確認!
Image: Apple

9月まで待てない派のみなさんへ。

9月正式リリースが予定されているApple(アップル)の最新版OS、iOS 15watchOS 8iPad OS 15。一足早く試したい!という人は、パブリックベータ版の配布がスタートしていますよ。

ベータ版はあくまでも本リリース前のテスト。つまり完成版とは異なるので、多少のリスクは可能性があるので、そこは自己責任で。必要なモノはきちんとバックアップをとってからどうぞ!

対応端末をチェック

iOS 15対応のiPhone(iPod)

・iPhone 6S/ 6S Plus

・iPhone SE (初代&第2世代)

・iPhone 7/ 7Plus

・iPod Touch(第7世代)

・iPhone 8/ 8 Plus

・iPhone X/ XS/ XS Max/ XR

・iPhone 11/ 11 Pro/ 11 Pro Max

・iPhone 12/ 12 mini/ 12 Pro/ 12 Pro Max

iPadOS 15対応のiPad

・iPad mini 4

・iPad mini(第5世代)

・iPad Air 2

・iPad Air(第3, 4世代)

・iPad(第5から第8世代)

・iPad Pro (11インチ、初代から第3世代)

・iPad Pro(9.7インチ)

・iPad Pro(10.5インチ)

・iPad Pro(12.9インチ、初代から第5世代)

watchOS 8対応のApple Watch

※ペアリングするiPhoneにiOS 15のインストールが必要

・Apple Watch Series 3

・Apple Watch Series 4

・Apple Watch Series 5

・Apple Watch SE

・Apple Watch Series 6

バックアップしとこう

ベータ版使ってみよ! という人なら、もちろんバックアップするとは思いますけれどね。ベータとはいえ、ある程度のテストはクリアして配布されているので、そんなにたいへんなことにはならないとは思いつつ、念には念をいれましょう。

iCloudへのバックアップ

Apple端末で1番楽ちんなのがiCloudへのバックアップ。Apple Watchは自動で、ペアリングするiPhoneにバックアップされています。つまり、Apple Watchユーザーは、watchOS 8を試す前にiPhoneをバックアップしておくこと。

パソコンへのバックアップ

Macの場合

USB/ USB-C/ Wifiで、iPhone/iPadをMacに接続。Finderのサイドバーから端末を選択。「バックアップを暗号化」を選択すると、データが暗号化されバックアップされます、パスワードの設定が必要。

Windowsの場合

Windows端末へのバックアップはiTunes経由で。端末を接続したら、iTunesの左上から端末アイコンをクリック。「概要」からバックアップへ。WIndowsでも「バックアップを暗号化」が可能。

パブリックベータ版のインストール

バックアップ完了したら、最新OSのパブリックベータ版をダウンロード。まずは、「Apple Beta Sofrware Program」に登録が必要です。登録したら、試したいOS(端末)ダウンロード&インストールが可能。「設定」>「一般」から「ソフトウェアアップデート」を。前述ですが、watchOS 8を試す場合は、先にiPhoneをiOS 15にアップデートする必要あり!

一足先じゃなくていい人は、いろんな人のレビュー見つつ、9月の正式リリースをまったり待ちましょ!

    あわせて読みたい