超ビッグなWindowsタブレット? Web会議に必要なすべてを一台に集約した「MAXHUB」

  • 9,254

  • author ヤマダユウス型
超ビッグなWindowsタブレット? Web会議に必要なすべてを一台に集約した「MAXHUB」
Photo: コクヨ

デジタルなトランスフォーメーションしてるなぁって感じの使い方です。

文房具でおなじみのコクヨが、タッチ対応のディスプレイコミュニケーションツール「MAXHUB」を発表しました。65インチと86インチの2モデルがラインナップ。デカイ!

これはいわゆる電子黒板を今っぽくしたツールで、WIndows内蔵の超ビッグなタブレットといえばイメージしやすいかと。開発の背景にはポストコロナのオフィスコミュニケーションがあり、Web会議が多くなったものの「その会議って生産性につながっている?」「会議の生産性をどうやったら高められる?」というジレンマを解消するねらいがあります。

最強感あふれるディスプレイ

210701kokuyomaxhub_02
Image: コクヨ

ディスプレイは4Kフルフラットの静電容量方式タッチ対応。4800万画素のカメラとスピーカー&マイクを内蔵し、「MAXHUB」一台でWeb会議が行なえます。Windows内蔵なので、TeamsやZoomなどのアプリはネイティブで動作。起動もタッチ操作で一発。カメラはフリップオーバー式でプライバシー配慮も良し。

通常の会議では、タッチと付属のスタイラスで直接筆記できるホワイトボードとして使えます。ペンの太さや色、書いたオブジェクトの選択、拡縮などにも対応。画像やpdf、動画なんかもホワイトボード上に配置可能です。

また、付箋を配置することができて、添付されているQRコードをモバイルデバイスで読み取れば、スマホやタブレットからコメント挿入ができます。会議室に来れなかった人にオンラインで「MAXHUB」上でのやり取りを見てもらいつつ、意見があったら付箋で残す、みたいな芸当ができるんですね。pdfの共有レビューに似てるかも。

DSC_1559
Photo: コクヨ

オンライン会議の場合は「MAXHUB」のカメラで会議室の様子を映しつつ、画面共有で「MAXHUB」上に他PCの資料を表示します。ここで便利なのが付属するドングル。ドングルを挿したPCと「MAXHUB」はワイヤレスに繋がり、しかも「MAXHUB」側からタッチで共有先のPCを操作できちゃうんです! これって煩雑なケーブルもいらなくなるし、プレゼン中に手元のPCを触らなくて良いし、すごく画期的では?

オンとオフの人をつなぐ、次世代電子黒板

210701kokuyomaxhub_03
Image: コクヨ

Web会議でありがちなのが、一台のノートパソコンを皆で覗き込んだり、その場に複数人が集まっていてもそれぞれのPCに没頭していたりする状況。これって生産性的にもよろしくなく、便利だけどWeb会議のせいで議論が煮詰まる、なんて話もさもありなん。

「MAXHUB」は従来のホワイトボード的な使用感を残しつつも、会議内容のスクショ保存や遠隔共有など、オンとオフそれぞれを上手くつなげています。なかなかないですよね、こうしたオフィスツールの進化って。

気になるお値段は、65インチと86インチでともにオープンプライス。個人で使うかはともかくとして(使ってはみたいけど)、会議に追われる企業であれば、大小問わず役立つのではないでしょうか。気になった人は、コクヨにお問い合わせを!

Source: コクヨ

MAXHUB ほしい?

  • 0
  • 0
コクヨ

シェアする

    あわせて読みたい