迷ったら、新型iMac。2021年のライフスタイルに最適な歴代最高モデル

  • 29,276

  • author 照沼健太
迷ったら、新型iMac。2021年のライフスタイルに最適な歴代最高モデル
Photo: 照沼健太

迷ったらこれを選べば間違いなし。

M1チップを搭載した新型iMacは「これで決まり」と断言したくなる、予想以上に良いMacでした。

玄人の方は「とはいえ、 MacBook Airと同じ性能なんでしょ?」と思うことでしょう。実際、僕もそうでした。でも、これほど2021年の生活にジャストフィットするMacは他にありません。

デスクトップの「薄さ」なんて……思った以上に快適でした

L1010644

良い意味で「iPad感覚のiMac」です。

このiMac、M1チップを初搭載したこと以上に、おそらく新デザインが注目を集めているはず。

たしかに「ついにここまで来たか」と思わずにいられない、フラットな極薄ボディーです。

L1010616

しかし、その一方で「デスクトップが薄くてどうするの?」という疑問があったのも事実。

持ち歩くMacBook ProやAirならともかく、iMacが薄くたって、横から見る機会なんてそんなにないですからね。

でも、実際に使ってみると、この薄さと軽さが快適。

例えば、机の上で撮影したり、その他作業のためにスペースを空けたりしたいとき、デスクの隅や隙間にスッと移動させられるんです。本棚に本をしまうような感覚でデスクトップMacを片付け、必要に応じて24インチスクリーンを取り出せてしまいます。

L1010663

そしてデスクトップに初搭載されたTouch IDで、起動もスムーズ。 こんなに気軽なデスクトップMac、他にありません。家族などで共用Macとしてシェアする場合にも便利そうですね。

高性能カメラ、マイク、スピーカー。最強のビデオ会議マシン

L1010650

この新型iMacを使い始めた当日、真っ先に感じたメリットが「ビデオ会議の快適さ」でした。

まず、カメラの良さ。

いつものビデオ会議で、真っ先に「今日、肌艶良くないですか?」「何か良いことありました?」「めちゃくちゃ速い回線にしたんですか?」と言われたくらい、私物であるMacBook Pro15インチのカメラとは性能差があります。

L1010688

そしてマイク&スピーカー。

ビデオ会議を快適に行なうのに、何の文句ありません。

外部機器を一切接続することなく、目の前にある24インチの薄いディスプレイに向かって話すだけで、高品質な遠隔コミュニケーションができる。相手の声は聞き取りやすく、自分の声もしっかり届けてくれる。

「会議が多い人なら、基本スペックで”ビデオ会議用マシン”として買っても損しないのでは?」と思わずにいられないほどです。

最も集中できる画面サイズかも。24インチは“ちょうど良い”

L1010666

僕はこれまで27インチのiMacや、32インチのPro Display XDRを使ってきましたが、ひとつ不満がありました。

それは「気が散る」ということ。

写真編集や動画編集、DAWなどの一部プロ向けアプリケーションでは、大画面は効率性で勝ります。原稿の執筆や企画書などの制作においても、資料とエディタを画面上に同時に展開できるのは魅力的です。

しかし、視界にあまりに多くの情報が入ってくるため、集中しづらいというデメリットを感じていました。

その点、新型iMacの24インチディスプレイはちょうどいい。画面サイズもそうですが、画面と目の距離のバランスがベストな気がします。この辺は個人差があるかもしれないので、ぜひ店頭で確かめてみてください。

MacBook Airではなく、iMacをおすすめする理由

L1010629

迷ったらiMacを選ぶのがベストだと思います。

というのも、持ち運ぶ必要があるなら、迷うことなくMacBook AirかMacBook Proを選ぶはずだから(そしてIntel搭載機が必要なら、選択肢にも入らないでしょう)。

たしかにこの新型iMacはMacBook AirやMacBook Proと同じM1チップを搭載しており、性能も横並びです。しかし、24インチの広々とした画面と、高性能なカメラ、マイク、スピーカーはiMacにしかありません。

そして2つのThunderboltを含む、4つのUSB-Cポートも、このiMacにしかありません。

L1010639

逆にiMacについて「性能が足りないのでは?」と不安に思う人もいるかもしれません。

そういう人は、そもそも次期Appleシリコン搭載Macを待つべきでしょう(僕もその一人で、WWDCで新型MacBook Proが発表されなかったことに涙を飲みました)。

でも、正直なところ、まれにメモリ不足を起こす以外、ほとんどこのiMacの性能に不満を感じることはありませんでした。

最も驚いたのは、内蔵の4Kディスプレイを動かしながら、Pro Display XDRを6Kでフル駆動させてビデオ会議と同時にHD動画を再生しても快適に動作すること。私物のMacBook Pro 15インチ(2018年モデルのフルスペック)では、GPUの発熱でCPUがクロックダウンしてしまうことが多く、こうはいきません。

いやー、驚きました。エントリーモデルにして、ほとんど誰もが満足するであろう高性能。そして、ビデオ会議対応の快適さ……。

今回、貸出機を使わせてもらったのですが「返却したくない」と思ったのは、これが初めてです。

返却した後、私物のMacBook Proでビデオ会議に参加したら、真っ先に「いつもの画質に戻りましたね」と言われました。

Photo: 照沼健太

M1 iMac ほしい?

  • 0
  • 0
Apple

シェアする

    あわせて読みたい