アップル重役「M1 MacBook Pro、バッテリー持ちすぎ…」

  • 25,202

  • author 塚本直樹
アップル重役「M1 MacBook Pro、バッテリー持ちすぎ…」
image:Nanain / Shutterstock.com

すごいぜ、M1

とうとうMacへの導入が始まった、Apple(アップル)独自プロセッサこと「M1(あるいはApple シリコン)」。こちらのバッテリー駆動時間、どうやらアップル重役も驚くほどのスペックだったそうです。

Tom's Guideのインタビューに答えたアップルのマーケティング担当副社長のBob Borchers(ボブ・ボーチャーズ)氏によると、M1を搭載したMacBook Proはウェブサーフィンのバッテリーテストで16時間25分を達成。Intel(インテル)プロセッサモデルの10時間21分と比較して、圧倒的に性能が向上しました。

そして数時間マシンを利用してもバッテリー表示が変わらない様子を見て、ボーチャーズさんは「これはバグだ、バッテリーインジケーターが壊れている」と思わず発言。しかし、プラットフォーム・アーキテクチャー副社長のTim Milet(ティム・ミレット)氏は「いや、これが本来の姿だよ」と笑ったそうなのです。

M1(あるいはApple シリコン)の圧倒的な性能とバッテリー駆動時間の長さについては、ギズモードでもこれまで何度もお伝えしてきました。まだ一部のAdobe(アドビ)ソフトを含む動作環境が整っていないという問題はありますが、普通にネットサーフィンをして動画を見て…という用途なら、もはやM1 Macを選ばない理由はありません。

さらにインタビューでは、アップルのチームがゲーム分野でもさらに顧客にアピールするべく取り組んでいるとしています。最近はクラウドゲームなどMacでもリッチなゲームが楽しめるようになりましたが、Macのさらなるゲーム分野への進出に期待したいものです。

Image: Nanain / shutterstock.com

Source: Tom's Guide via 9to5Mac

    あわせて読みたい