PS5デジタルエディション、軽量化したマイナーチェンジ版が出そう

  • 30,316

  • author 武者良太
PS5デジタルエディション、軽量化したマイナーチェンジ版が出そう
Image: Sony Interactive Entertainment

出そうというか、もう出荷されてるかも。

いまだ出荷数が少なく、手に入らない方も多いPS5。「本当はまだ販売されていないんだ」と涙目で訴える人も出てくるくらい、PS5難民が溢れかえっています

そんなPS5のデジタルエディションがマイナーチェンジをするとのこと。ソニー・インタラクティブエンタテインメントが公開しているマニュアルPDFによれば、モデル名がCFI-1000からCFI-1100へと変わり、スタンドパーツを取り付けるためのネジの形状が変わり、重量が300g減の3.6kgとなりました。

300g減って相当なことでしょう。内部のフレームにも手を加えているのではないでしょうか。

ところでプレステのマイナーチェンジといえば、PS1こと初代プレイステーションを思い出します。初代プレイステーションの初期型SCPH-1000は、CDを鳴らしたときの音が極めてフラットで「6000ドルのCDプレーヤーにも匹敵する!」として話題となりました。PS3も初期型CECHA00、CECHB00はPS2ゲームが遊べる・SACDが再生できるとあって、中古相場が高止まりした時代がありましたっけ。

ゲーム機に限らず最初期モデルは豪勢な作りで、マイナーチェンジを繰り返すごとに内部の合理化や、機能の統廃合が行われていくのは必然といえるもの。もしかしたら初期型PS5にも高い価値がつくかも…?

Source: Sony Interactive Entertainment

    あわせて読みたい