ベゾスと宇宙に行く初の民間人決定! なんと次点繰り上げで18歳の御曹司

  • 5,719

  • author satomi
ベゾスと宇宙に行く初の民間人決定! なんと次点繰り上げで18歳の御曹司
Image: CNBC Television / YouTube

31億円の席を惜しげもなく譲った人物は謎のまま。

宇宙ベンチャー「Blue Origin(ブルーオリジン)」が、ジェフ・ベゾスとニューシェパード号で今月20日に宇宙へと飛ぶ民間初の乗客を発表。物理を学ぶオランダの18歳、オリバー・デーメン君と判明しました!

6人乗り宇宙船に同乗するのはベゾス氏と弟のマーク・ベゾスさん、伝説の女性宇宙飛行士ウォーリー・ファンクさん。宇宙の端っこまで飛んで戻ってくる未踏の旅です。

一般枠1名の公開オークションは先月12日まで開かれて世界159カ国7,600人以上が参加。見事落札したのは別の人なのですが、スケジュールの都合が合わなくて次回以降でいいと言ったため、次回分を落札したデーメン君の父親(オランダのサマーセットキャピタルパートナーズ創業者兼CEO)が繰り上げ当選! 息子のデーメン君に席を譲ったというわけです。いや~宇宙に飛ぶより大事な用事ってなんなんだ…そちらも気になりますね(笑)。

それにしてもアマゾンCEOを退任して真っ先にやりたいことがコレっていうのもベゾスらしいな。ヴァージン・ギャラクティックのリチャード・ブランソン卿の初飛行にも、きっと勇気をもらったはずです。

20日はアポロ月面着陸52周年の記念すべき日。18歳のデーメン君は史上最年少、ウォーリー・ファンクさんは82歳の史上最年長の宇宙飛行士となります。無事を祈りましょう!

Video: CNBC Television / YouTube

Sources: CNBC Television, New York Times

    あわせて読みたい