ニコン「Z fc」、レトロだけど機能はアップグレードされてていい感じ

  • 25,006

ニコン「Z fc」、レトロだけど機能はアップグレードされてていい感じ
Image:Nikon

見た目によらず新機能が満載。

ニコンが発表した最新ミラーレスカメラ「Z fc」、大きな特徴の1つが黒とシルバーを基調としたボディデザイン。ニコンのクラシックなフィルムカメラ「FM2」を彷彿とさせます。基本スペックはZマウントの入門機「Z 50」と似ていますが、改良が加えられています。

また、デジタル一眼レフとミラーレスという違いはあるものの、「Z fc」はニコン「Df」の安価な後継機として取り上げられることも多いですね。

どんな風にアップグレードされたの?

「Z fc」の基本スペックを簡単に紹介します。

DXフォーマット(APS-C)で20.9 MPのセンサー、フォーカスポイントは209点、連続撮影枚数は11枚/秒、動画撮影は最大4K UHD(30FPS)、とここまでは「Z 50」と同じ仕様です。また、ボディ内手ぶれ補正機能も「Z 50」と同じくついていません(より高価なモデル「Z6」「Z7」にはついています)。ここは少し惜しいところですね。

833934c92702ad183ce9d7483076c254
Image:Nikon

とは言いつつ、ボディにシャッター速度、ISO、露出補正用、専用のモードダイヤルがきちんとついています。もちろん、絞りなどに使うフロント/リアのダイヤルもばっちり。

さらにボディの外観には合成レザー素材を使用し、マグネシウムやアルミ部分をマット仕上げにすることで独特の高級感を醸し出しています。

カラーバリエーションも豊富で、特にオールブラックはシルバーが苦手な方におすすめ(少し派手ですがコーラルピンクやミントグリーンもありますよ)。

「Z 50」からの最大のアップグレードの1つが、3インチのバリアングルディスプレイ。LCDタッチスクリーンからOLEDディスプレイへに変更され、これによって撮影した画像をより鮮明に映し出すことが可能に。

他にも、236万ドットの内蔵EVF、より早い充電とデータ転送ができるUSB-Cポート、SDカードスロット、3.5mmマイクジャック(専用のヘッドフォンジャックはなし)、1回の充電で最大300回撮影できるバッテリーなどを備えています。

cb8566cd84ce817f421a989d880ff68b
Image:Nikon

さらに、ワイドエリアAFでも瞳AFが使えるようになったのも大きな変化。こうすることでフレーム内の物体の追尾や焦点合わせが簡単になっています。

新発売のレンズも見逃せない

最後に、新発売されるレンズについて。DXフォーマットカメラ向けのコンパクトな万能レンズ「NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VR」と風景やポートレイトの撮影に最適な広角レンズ「Nikkor Z 28mm f/2.8」(Zマウント全般で使用可能)が発売予定となっています。それぞれ、「Z fc」とのセット販売もあり。

さらに、ズームレンズ「Nikkor Z DX 18-140mm f/3.5-6.3 VR」も開発予定とのこと。

5590e8b2dd35d611fad39848caad49a6
Z DX 18-140mm f/3.5-6.3 VR

価格は「Z fc」本体が129,800円(税込)、「 NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VR 」と「NIKKOR Z 28mm f/2.8 」はそれぞれ単品で40,700円(税込)と38,500円(税込)。

「 NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VR 」と「Z fc」のセットは149,600円(税込)。「NIKKOR Z 28mm f/2.8 」と「Z fc」のセットは159,500円(税込)です。

カメラもレンズも今から発売が待ち遠しい商品がたくさん。やはり、レトロな見た目と機能のギャップが1番の魅力ではないでしょうかね。

Z fc ほしい?

  • 0
  • 0
Nikon

シェアする

    あわせて読みたい