TikTokが求人事業へ参入 これからは「履歴動画」の時代

  • author Brianna Provenzano - Gizmodo US
  • [原文]
  • そうこ
TikTokが求人事業へ参入 これからは「履歴動画」の時代
Image: DenPhotos / Shutterstock.com

トレンドが生まれる場所でお仕事さがし。

中毒性の高いユニークなショート動画は、たいていTikTok発な今日この頃。Instagramでも、Twitterでも、流れてくる面白動画はTikTokのリポスト率が高めです。ネタによっては、職場の人には見られたくないものもあるかと思うのですが、TikTokが求人事業始めるってのでちょっと驚きました。

TikTokの新サービス「TikTok Resumes」は、履歴「書」ではなく履歴「動画」を使った新しい求人サービス。現在、テスト導入という形で30社を超える企業と提携し、TikTok Resumes上で求人情報を公開されています。気になる求人があれば、ユーザーはポストした履歴動画のリンクを送って応募します。この履歴動画(TikTok Resume)は、ユーザーが自身のアカウントにポストしておくのがサービスの特徴。ちなみに、企業の人事担当が履歴動画を確認できるよう、履歴動画のポストはもちろんアカウントも鍵なしのパブリック公開にしておく必要があります…。

TikTok担当者は、Engadgetの取材に対して「求人という分野に参入することで、TikTokの使い方にもっと価値を見出すことができると信じています」とコメントしています。

TikTok Resumeは、現在アメリカのみで導入。また、現在掲載されている求人情報は期間限定で、7月31日までの応募が必要です。このテスト導入の結果次第では、対応地域が広がるわけで、もしかしたら履歴書は動画が当たり前という時代になるのか…も…。

履歴動画には、ハッシュタグ「#TikTokResumes」もつけときましょう。

Source: TikTok


    あわせて読みたい