ヴァージン・ギャラクティックのブランソン氏、宇宙空間に到達!

  • author 岡本玄介
ヴァージン・ギャラクティックのブランソン氏、宇宙空間に到達!
Image: Virgin Galactic

ベゾスやイーロンより早く宇宙に行った億万長者。

現地時間の7月11日、英国ヴァージン・ギャラクティックの第2世代宇宙船「VSS Unity」が会長のリチャード・ブランソン氏を乗せ、宇宙空間に到達しました。初めて同時に全員が座席に乗り、宇宙飛行中に世界中に向けた生配信を行なったフライトとしても成功を収めました。

Video: Virgin Galactic/YouTube

大人がはしゃぐほどの無重力体験

同機の飛行は今回が通算22回目で、有人飛行は4回目。5月に成功させた有人テスト飛行と同じく、ニューメキシコ州の離発着場「スペースポート・アメリカ」より、午前10時30分頃に飛行母船ジェット機「VMS Eve」で飛び立ちました。ブランソン氏のほかには、同社の操縦士のふたり、インストラクター、エンジニア、政務副社長といった顔ぶれも同乗。マッハ3高度86km地点に上昇し、乗組員たちは無重力体験を楽しみました。

帰還後ブランソン氏は、「子供の頃よりこの時を夢見てきました。ですが宇宙からの地球の眺めは想像もつきませんでした」とコメントしています。

これから本格的に商用展開

今後ヴァージン・ギャラクティックは、この宇宙船で乗客や貨物を定期的に運ぶサービスを展開する予定ということで、Omaze社とSpace for Humanity社との提携を発表しました。今のところは人が乗るには5日間の訓練が必要なので、数カ所を結ぶ移動というよりも宇宙体験旅行のサービスという感じなのでしょうね。今なら抽選で2名がフライトに当たるキャンペーンを実施しているので、興味ある方はぜひ応募してみてください。

今後はギンギラギンの第3世代「VSS imagine」が、年間400回の運行を目指すことになります。搭乗チケットは以前にお伝えしたように、ひとり25万ドル(約2,800万円)くらいが相場なのか…それとも値下げはあるのか、気になるところです。

次はベゾスが飛ぶ予定

7月20日にはジェフ・ベゾス氏の宇宙企業BLUE ORIGIN(ブルー・オリジン)が作る、「New Shepard(ニュー・シェパード)」ロケットで宇宙体験旅行する予定です。ベゾスはヴァージンに先を越されたので悔しがっていそうな気がしますが、一方でSpeceXのイーロン・マスク氏は、ブランソン氏と仲良しなので今回の成功を喜んでいると思われます。

まぁ、イーロンはいずれ火星に行くでしょうから、余裕なのでしょうね。

Source: YouTube, Twitter, Virgin Galactic via Mashable, NEW ATLAS, INTERESTING ENGINEERING

    あわせて読みたい