豪州フォルクスワーゲン「ティグアン」のプロモが90年代のホラー映画ポスター風味になった!

  • author 岡本玄介
豪州フォルクスワーゲン「ティグアン」のプロモが90年代のホラー映画ポスター風味になった!
Image: DDB Sydney

運転手が冷や汗をかく状況は、もはや現代のホラー。

オーストラリアのフォルクスワーゲンが、デザイン事務所の DDB Sydneyとタッグを組み、新車SUV「ティグアン」のプロモーションとしてポスターをいくつか作りました。

内容は、高速道路の合流やラウンダバウト、飛び出してくる歩行者や縦列駐車など、ドライバーたちが日々抱えている路上の不安を表したもの。しかもそのスタイルが、90年代のホラー映画ポスターそのものというユニークさとなっており、プロモ用の動画も作られています。

Video: DDB Australia/YouTube

ティグアンの安全システム「IQ.DRIVE3」なら怖くない

ポスターのムダに恐怖を煽る感じが最高ですよね。こういう場合に限り、ホラー映画のヴィジュアルは効果テキメンです。では、これらが路上に貼り出されると、実際どれほどのインパクトなのかをご覧ください。

確かにどれも運転中にドキドキすることばかり。実際に事故が起こるのも、こうした場所が多いかと思います。ですが、ティグアンには「IQ.DRIVE3」と呼ばれる安全システムが搭載されており、走行中や緊急時、縦列駐車時に発動する半自動運転機能がドライバーをアシスト。ポスターに描かれているシチュエーションで、その能力を発揮するのです。

実は凄い人がイラストを手がけている

これらのアートワークは、ホラーやSFといった映画ポスターを制作しているカナダ人アーティスト、マット・ライアン・トビン氏によるもの。ディズニーやマーベル、20世紀フォックスやワーナー・ブラザースといったスタジオに、作品を提供してきた巨匠なのです。

最近はNetflixでも90年代風味のホラーが新作になっていたり、ちょっとレトロなホラー映画がブームになりそうな予感がします。しかしこれらのポスターを見て、「ティグアン買おう!」と思った人、どれくらいいるんでしょうね…?

Source: YouTube, Instagram, Matt Ryan Tobin via DDB Sydney via Laughing Squid, Westside Volkswagen

VW ティグアン ほしい?

  • 0
  • 0
フォルクスワーゲン

シェアする

    あわせて読みたい