Windows 10はまだ死んじゃいない!今こそ知っておきたい良機能10選

  • 15,328

  • author David Nield - Gizmodo US
  • [原文]
  • 塚本直樹
Windows 10はまだ死んじゃいない!今こそ知っておきたい良機能10選
Image: Microsoft

完成度高し

今は「Windows 11」が大きな話題となっていますが、Microsoft(マイクロソフト)の現行OSは「Windows 10」であり、6年前のリリース以来、数多くのアップデートや新機能が追加されています。Windows 10は2025年末までサポートされる予定ですが、まだ使ったことのない機能もあるはず。年末にリリースされるWindows 11へのアップグレードを予定していない方のために、Windows 10のあまり知られていない機能や最近追加された機能の中から、使いこなしたいものをご紹介しましょう。

1、仮想デスクトップの拡張アクセス

セカンドモニタの生産性向上に勝るものはありませんが、仮想デスクトップではアプリケーションやウィンドウをさまざまな画面に配置し、必要に応じてそれらを切り替えることができます。この機能を利用するには、タスクバーの「タスクビュー」ボタン(Cortanaアイコンの右)をクリックし、「新しいデスクトップ」をクリックします。最近のアップデートでは、デスクトップのタイトルをクリックしてデスクトップ名を変更できるようになりました。

2、絵文字へのアクセスを高速化

Windows 10

Windows 10には専用の絵文字パネルが用意されているいます。どのプログラムでも、必要なキーボードショートカットは「Win+(ピリオドキー)」です。これにより絵文字が詰め込まれたフローティングパネルが表示され、そのいずれかをクリックすると、現在のカーソル位置に絵文字を挿入できます。絵文字を構成する文字がわかっている場合は、検索して絞り込むこともできます(コロンと閉じたブラケットのキーでスマイリーなど)。

3、クリーンショットを上手に撮る

Windows 10のスクリーンショット機能は進化し続けています。最新機能「Snip & Sketch」はタスクバーからの検索や、Win+Shift+Sを押して起動。そしてクリック&ドラッグして画面の一部を取り込んだり、上部のアイコンを使ってフルスクリーンやフリーフォームのスクリーンショットを撮影できます。撮影した画像はクリップボードにコピーされますが、右下に表示されるサムネイルをクリックして注釈画面を開くこともできます。

4、Windowsの外観をカスタマイズする

Windows 10

Windows 10のカスタマイズオプションもOSとともに進化しています。Windowsのメイン設定パネルで「個人設定」をクリックすると、利用可能なすべてのオプションが表示されます。例えば「色」からダークモードとライトモードを切り替えたり、アプリとWindows自体のモードを設定できます。「背景からアクセントカラーを自動的に選択する」というチェックボックスは、デスクトップの壁紙の色に基づいてWindowsのスタイルが決定されます。

5、通知の管理

Windowsで通知を管理することをあきらめていた方、もう一度お試しください。Windowsの「設定」を開き、「システム」から「通知とアクション」を選択します。ここでは通知を完全にオフにするだけでなく、特定のアプリに対して通知を有効または無効にしたり、個々のプログラムに許可する通知の種類(バナーやサウンド)を変更できます。また、アプリの通知の重要度を「トップ」「ハイ」「ノーマル」の3段階に設定することもできます。

6、集中力の持続

Windows 10

通知管理といえば、Windows 10では「設定」の「システム」セクションに、非常に便利な「フォーカスアシスト」ページが用意されています。これは、高度な「邪魔しないで(Do Not Disturb)」モードのように機能します。最も重要な通知の優先順位リストを設定したり、通知の表示時間を変更したり、ゲーム中やセカンドスクリーン使用中に通知のポップアップを無効にしたりできます。

7、バックグラウンドアプリの制限

Windows 10のバックグラウンドプログラムはたくさんありますが、それらはすぐにシステムリソースを消費し始め、ユーザーのプライバシーに影響を与えることもあります。バックグラウンドアプリを管理するには「設定」ページで「プライバシー」を選択し、「バックグラウンドアプリ」をクリックします。バックグラウンドで実行されるプログラムを完全に停止したり、アプリごとに管理することもできます。さらにアプリの個別許可など、さまざまな便利なオプションが用意されています。

8、電卓を固定する

Windows 10

Windowsの古典的なアプリケーションこと電卓アプリでは、画面上の他のアプリ上に固定して、簡単にアクセスできるようになりました。この機能は「一番上に固定」ボタン(左上、タイトルバーのすぐ下)から利用できます。またアプリの端をクリックしドラッグすることで、ウィンドウのサイズを変更できます。

9、Edgeのコレクション

Windows 10ではEdgeブラウザがアップデートされ、最近機能の一つに「コレクション」があります。名前から想像できるように、この機能を使うとウェブ上のリンク、メモ、テキスト、画像などを仮想的なスクラップブックにまとめることができます。これはブックマークの強化版のようなもので、ショッピングからリサーチまで、あらゆる用途に使用できます。機能の利用はEdgeのツールバーの右側にある「コレクション」ボタンをクリックするか、Ctrl+Shift+Yを押してください。

10、タスクバーにニュースと関心事を表示

Windows 10

Windows 10に最近、天気とニュースの見出しを表示する新しいウィジェットが追加されました。システムで有効になっていれば、タスクバーの右側に天気予報が表示されます。気に入らない場合はタスクバーの何もない部分を右クリックして、「ニュースと関心事」を選択し「オフ」にしてください。表示されている情報を変更したい場合は、天気予報アイコンをクリックしてウィジェットを開き、「興味の管理」を選択します。お気に入り」と「エクスペリエンスの設定」タブから表示内容を設定できます。

    あわせて読みたい