ああ、心の中がAlienwareにどんどん侵食されていく…。軽快さと高スペックを兼ねたPCがギズモードにきた!

  • Sponsored By デル・テクノロジーズ株式会社
  • author 三浦一紀
ああ、心の中がAlienwareにどんどん侵食されていく…。軽快さと高スペックを兼ねたPCがギズモードにきた!
Photo: Daisuke Ishizaka

この侵略は食い止める必要なし。

去る7月24日、ギズモードのYouTubeチャンネルにて「ALIENWARE INVASION NIGHT」を開催しました。

このイベントは、ゲーミングPCや周辺機器を扱うブランドAlienwareが放った、Alienware史上最薄のゲーミングノートPC「Alienware X」シリーズと、CPUにAMDのRyzenを採用した「Alienware m15 Ryzen™ Edition R5」の登場を記念した、ギズモード・ジャパンとAlienwareのコラボ番組です。

ギズモード編集部でも使用者がいるAlienwareの新製品ということで、そのデザインや実力に興味津々。いったい、どんな仕上がりになっているんだろう…?

ということで、まずはAlienwareの新シリーズをおさらいです。

Alienware新シリーズを紹介するぜ!

awx15nt_cnb_05000ff090_gy_touchpad_not_lit-1280x1280

Alienware x15」は、Alienwareシリーズ史上最薄のボディに、インテルCore i9、またはCore i7のCPUおよびGeForce RTX™ 3080、3070または3060を搭載できるフラッグシップモデル。薄さが16mm以下と、ゲーミングPCとは思えないほど軽快なデザインです。電源アダプターのサイズが46%ダウン、重量が25%ダウンと、これまでのゲーミングノートPCのイメージのままだとビビるレベル。

unnamed

Alienware m15 Ryzen™ Edition R5」は、CPUにAMD Ryzenシリーズを搭載したモデル。GPUにはGeForce RTX™ 3070、3060、または、3050Tiを選択できます。これまでのCore iシリーズモデルに加えこのモデルが登場したことで、ラインアップの幅が広がりました。

今回のイベントでは、この2機種を使い、以下の3部構成でお送りしましたよ。

1. MUSIC SECTION:ギズモード編集長の尾田とラッパーJP THE WAVYの対談

2. REVIEW SECTION:ギズモード編集部金本によるAlienware x15レビュー

3. GAME SECTION:YouTuber岡奈なな子とプロ格闘ゲーマーたぬかなとゲームプレイ

JP THE WAVYさんの新曲MVを宇宙最速公開

20210805gizmodo_IMG_14437

まず最初は「MUSIC SECTION」。ギズモード編集長の尾田が、ラッパーのJP THE WAVYさんをゲストに迎えて、Alienwareの魅力についてトークを展開しました。ゲームやファッション、音楽、そして今回のイベントで初公開となったAlienwareとのコラボ楽曲『A.L.I.E.N』についても語っていただきましたよ。

JP THE WAVYさんは、中学生くらいまではゲームをやっていたそうですが、しばらくご無沙汰だったよう。でも、また最近プレイしはじめたそうです。

コロナ禍で家から出られなくなって、またゲームをやるようになりました。ゲーム初心者みたいなもんですね。海外のアーティストがゲームをプレイしているのを見て、興味が沸いてきたということもあります。

海外ではトラヴィス・スコットが『Fortnite(フォートナイト)』でライブを行なって活躍するといったトピックスも、かなり気になっていたとのこと。

トラヴィスのライブがきっかけで、メタバース(仮想世界)が世界的に注目されるようになったと思います。

また、ゲームの世界と音楽の世界が近くなっているとも感じているとのこと。

海外のヒップホップで電子音や8bitなどが流行っていて、いい感じで交わっている感じが好きですね。

20210805gizmodo_IMG_14476

ファッションにも精通しているJP THE WAVYさんから見て、Alienwareはどう映ったのでしょうか。

とてもスタイリッシュだし、ロゴやライトなどSF感があって、すごく好きなデザインですよ。直感的にかっこいいと思えるPCですね。

そして、今回の大きなトピックスである、AlienwareとJP THE WAVYさんのコラボソング『A.L.I.E.N』が公開されました。

Video: JP THE WAVY / YouTube

いやー、かっこいい! 見どころは「僕の顔に何かが…」(JP THE WAVYさん談)とのこと。見逃した方はもう一度チェックしましょう!

ガジェットコーディネーター金本のAlienwareレビュー

続いては「REVIEW SECTION」。このパートは、ギズモードのガジェットコーディネーター金本のぶっちゃけレビューです。

金本がAlienware x15に興奮していたところはこんな感じ。

・高性能はそのままに本体が薄くなってる。フルHD 360HzまたはQHD 240Hzディスプレイを搭載したモデルで。なんと15.9mm!

ACアダプタが小型軽量化。前モデルに比べてサイズは46%、重量は25%ダウン!

・ガリウムシリコンを採用した高い冷却性能。ファンの音が静か

・フルHD165Hzの15.6インチディスプレイ。ゲーム以外でも快適。

・ストレージが高速。アプリのインストールが速すぎて待ち時間にコーヒーを飲む時間がない

・キーボードのタッチがいい。心地いい反発力。

・背面コネクタが便利。

中でもACアダプタの小型化は画期的ですね。これはゲームチェンジャーといっても過言ではないところ。

Alienware x15は、ガリウムシリコン素材のヒートパイプ以外にも業界初のクアッドファンを搭載したことで、より冷却性能が高くなっています。ゲームプレイ中など負荷がかかるとゲーミングPCは熱くなりがちですからね。これによってゲーミングPCのパフォーマンス向上にもつながっているでしょう。

ゲーミングPCにパワーだけじゃなくて機動力、そして冷却性能を兼ね備えてたマシン。金本はかなりお気に入ったようです。

豪華ゲスト陣とAlienwareで『Apex Legends』をプレイ

210730ALIENWARE-04

最後は「GAME SECTION」。2名のゲストをお迎えして、「Alienware m15 Ryzen™ Edition R5」を使いAPEXをプレイしました。今回のゲストはこちら!

IMG_14658

岡奈なな子

登録者数57万人(2021年7月31日現在)のYouTuber。築45年以上のおばあさんが住んでいた家に引っ越したことをきっかけにYouTubeに投稿を始める。サブチャンネルでは『Apex Legends』の配信も行なっている。

210730ALIENWARE-06

たぬかな

CYCLOPS athlete gaming所属のプロ格闘ゲーマー。格闘ゲーム『鉄拳』のトッププレイヤー。『Apex Legends』ではソロでダイヤランクまで到達した腕前を持つ。

APEX初心者の金本に、おふたりからゲーム内の設定方法や立ち回り方、おすすめの武器などを教えてもらいました。初心者ながらも金本は意外にも健闘していましたよ。まあ、おふたりにはまだまだ敵いませんけどね。

プレイ後、今回使用したAlienware m15 Ryzen™ Edition R5についてトークタイム。それぞれどんな風に感じたのでしょう。

210730ALIENWARE-05

性能的にはデスクトップPCと変わらないですよね。ファンの音も全然気にならなくて、それが一番驚きですね。(岡奈さん)

IMG_14921

普段、デスクトップのAlienwareに240Hzのゲーミングディスプレイを2枚使っているんですが、それと遜色ない描写で「これでよくね?」みたいな気持ちになりました。冷却用のファンもこんなに静かなになっててデバイスの進化を感じました。(たぬなかさん)

やはり、高性能な冷却性能と高リフレッシュレートのディスプレイは、ゲーマーの方々にも充分満足していただけたようです。

IMG_14881

そのほかにも、Alienwareの特徴であるキーボードや背面パネル、マウスのLEDライティングは、ゲームごとにプロファイルを作ることができます。このゲームだったら黄色、このゲームは赤色に光らせるみたいなこともできるので、プレイする気分を変えられるのもよいですね。

マウスもヘッドセットもAlienwareブランドのものが用意されているので、すべてAlienwareで揃えると統一感があっていいですよ。

IMG_15109
左:金本太郎、中:岡奈なな子、右:たぬかな

ゲームも音楽も何でも来いなAlienwareに侵略されたい!

210730ALIENWARE-07

今回のイベントでは、さまざまなゲームに対応できるCPUやGPU、排熱処理といった「ゲームに勝つための」スペックがコンパクトな筐体に収められているオールインワンな新Alienwareの実力をまざまざと見せつけられました。

ゲーミングPCというと、「大きくて重い」といった印象がありましたが、薄ーいボディのAlienware x15を手に取ってみると、そのイメージはもう過去のもの。これからハイスペックなPCを買うなら、Alienware x15Alienware m15 Ryzen™ Edition R5が有力な候補になりそうです。

210730ALIENWARE-08

ああ、心の中がAlienwareがどんどん侵食されていく…。もう、この気持ちにあらがうのは無理! まだイベントを見ていないという方は、アーカイブからご覧ください。ただし、Alienwareの侵略に気をつけて!!

Photo: Daisuke Ishizaka, Hair-Make: Erika Yoshida, Stylist: 土岐 ひろみ

衣装協力(岡奈さん着用):ワンピース MIKIOSAKABE, トップス yuhan wang

Source: Alienware

あわせて読みたい