靴紐を結ぶのが地味〜に面倒…。それなら、転倒防止にもなる靴紐いらずアイテムはいかが?

  • 6,747

  • lifehacker
  • Buy
  • author 中川真知子
靴紐を結ぶのが地味〜に面倒…。それなら、転倒防止にもなる靴紐いらずアイテムはいかが?
Image: Amazon.co.jp

こちらは、メディアジーン コマースチームからの記事です。

ライフハッカー[日本版]より転載

暖かくなってくると、レジャーやエクササイズをしたくなりませんか?軽快に動きやすいスニーカーを履く機会も増えるのでは。

ただ、靴紐を結ぶのがちょっと面倒に感じること、ありますよね。それに、ほどけてしまうと、転倒の恐れも…。

そんな問題を解決してくれるのが、靴紐いらずでスニーカーを履けるアイテムです。この記事では、3つまとめてご紹介します!

結ばずフィット&転倒リスクを軽減!

Image: Amazon.co.jp

COOLKNOT(クールノット)の「クールノット 結ばなくてもいい 靴ひも」は、結ばずに締め具合を調整できる靴紐です。コブが靴穴(ハトメ)でしっかりと止まって、ロックします。

スパンデックスのゴムが伸縮するから、装着後のフィット感が良好脱着も簡単です。

Image: Amazon.co.jp

履いている途中に、ほどけた靴ひもを踏んで転んでしまうリスクを軽減できるので、小さい子どもや高齢の方にもオススメです。

カラーバリエーションは、アオゾラやネオンオレンジ、レインボー、レッドミックスカラーほか全30色。ファッション性も高く、個性を出すのにもピッタリでしょう。

シンプルで調節が簡単!

Image: Amazon.co.jp

お次は、RJ-Sportの「結ばない靴紐」を紹介します。

Image: Amazon.co.jp

こちらは、高弾力性を備えた長いゴムに、ロッククリップをつけるタイプの口紐です。

使い方は簡単。ハトメに通した後、ボタン電池のような形状の調節機能付きロックに通します。ゴムが長すぎればカットして調節し、切りっ放しになった先端部分をクリップで挟めばOKです。クリップで留めることで、ゴムがバラけることを防げるし、見た目もスッキリします。

ハサミで長さを調節するため、大人用から子ども用の靴まで幅広く対応可能。筆者も使っていますが、スニーカーのデザインにも影響せず、履きやすくなって気に入っていますよ。

カラーバリエーションは、ブラックや白、レッドをはじめとする29色。汚れにくく、耐久性があるだけでなく、スッキリとしたシルエットも魅力的です。

オシャレさと便利さを兼備

Image: Amazon.co.jp

最後は、ニューヨーク生まれのHICKIES(ヒッキーズ)の「ヒッキーズ 2.0」をご紹介しましょう。

Image: Amazon.co.jp

こちらも、大人から子どもの靴まで対応できるフリーサイズ。

付け方を変えるだけでフィット感を調整でき、ユーザーの足に合わせて履き心地をカスタマイズ可能です。

1パック14本入りで、1足分に十分な数が入っています。

カラーバリエーションは、エレクトリックブルーやブラック/イエロー、蛍光ピンク、蛍光マルチカラーほか9色です。

おしゃれさではダントツかもしれません。

ちなみにですが、筆者の子どもは「クールノット 結ばなくてもいい 靴ひも」を使っています。

子ども用の靴は23cm以上になるとマジックテープではなく靴紐タイプが多くなる傾向。息子は足が大きいけれど、まだ靴紐が結べないので、「クールノット 結ばなくてもいい 靴ひも」でスリッポンのようにして履かせています。

靴の選択肢は広がりますし、自分好みにカスタマイズできるところも気に入っているようです。

ちなみに、子どもと女性用はMサイズと表記されていますが、23cmのスニーカーだと、子ども用といえどLサイズがピッタリでした。ぜひ、購入の際の参考にしてみてください。

なお、以下の表示価格は執筆現在のものです。変更の可能性がありますので、個々の販売ページ(123 )をご確認ください。

Image/Source: Amazon.co.jp(123

    あわせて読みたい