ベゾスの宇宙企業Blue Originから人材流出が止まらない!

  • 24,863

  • author Shoshana Wodinsky - Gizmodo US
  • [原文]
  • そうこ
ベゾスの宇宙企業Blue Originから人材流出が止まらない!
Image: Shutterstock

さよならー。ばいー。

先月、宇宙旅行を楽しみご機嫌のジェフ・ベゾス氏でしたが、自身の宇宙事業Blue Originはどうやらなかなか不安要素を抱えているようです。複数の米報道によれば、Blue Originからの人材流出が止まらないのだとか。

Blue Originを去ったのは、まずBlue Originの月着陸計画を率いたNitin Arora氏、退職後はSpaceXへ。先月退職を発表したのはLauren Lyons氏、彼女はその後、Firefly Aerospace社のCOOに就任しました。そのほか、元NASA宇宙飛行士のJeff Ashby氏、New Shepard打ち上げに尽力したSteve Bennet氏も退職。ここ数ヶ月で、重職についていた少なくとも17人が退職したと報道されています。

Blue Originは、NASAの月面着陸アルテミス計画の契約獲得で競合のSpaceXに敗北。29億ドルという有人月面着陸計画の予算全部をSpaceXに持って行かれてしまいました。(怒りのベゾスがNASAを訴えているので、最終的にはさてどうなるか)

ネタ元CNBCの報道に対して、Blue Origin担当者は、会社は急激に成長しており、2020年だけで社員は850人増、今年もすでに650人が新たに加わったと回答し。「製造、品質管理、エンジンデザイン、ロケットデザイン分野でのメジャーなリーダーポストは、採用し続けています」とコメント。

採用が続いても、重要なポストが次々辞めてしまっては、社内の雰囲気はどうなんでしょう。転職が多く、同業種間でいろんな企業を渡り歩く人が多いアメリカではありますが、地元メディアからも人材流出が注目されるということは、アメリカでも不安要素として捉えられているということで…。Amazon CEOを退任するも、最高にエネルギッシュだというベゾス氏。そのエネルギーをBlue Origin全体をまとめることに使う時かもしれませんね。

Source: CNBC, Fox Business

    あわせて読みたい