もうしばしお待ちを。テスラのサイバートラック生産は来年に延期へ

  • 6,487

もうしばしお待ちを。テスラのサイバートラック生産は来年に延期へ
Photo: Shutterstock.com

ファンなら覚悟してたかも。

TeslaもCEOのイーロン・マスク氏も、スケジュールに関しては少々ゆるめな方です。なので、ファンなら想定内かもしれませんが、Tesla初の電気トラックCybertruckの生産が来年へと延期されたようです。

ネタ元のElectrekが、Cybertruckのオーダーページである一文を発見。Cybertruck全モデル(シングルモーターのRWD・デュアルモーターのAWD・トリモーターのAWD)のオーダーフォームにて「2022年の生産時期が近づくとオプション構成などを決定できます」と表示されています。

TeslaがCybertruckを発表したのは2019年。その後2021年に生産開始と発表されましたが、どうやら実現はほぼ無理。そもそも、今年1月にはマスク氏自ら、年内に数台出荷できればラッキーな方だとスケジュールがブレる発言していましたから。一方で、今年7月の第2四半期発表では、テキサス州のTesla工場にて、Model Yの後、2021年後半にCybertruckを生産するとなっていたそうですが…。しかし、Model Yも年末スタートになりそうなので、Cybertruck年内はやっぱり無理ですよ。Cybertruckは新たな製造過程が必要だそうで、そもそも製造が難しいチャレンジングな車ですしね。

現在、Cybertruckオーダー済みの人は100万人超えるという話ですが、すでにオーダーしている時点でかなりのTeslaファンですよね。手に入るのはちょっと先送りになってしまいますが、それも込み(想定内)で楽しんでいるのかもしれません。

Source: Electrek

    あわせて読みたい