フラッグシップとミッドレンジの境界を探るスマホ、モトローラが「Edge」を発表

  • 41,637

  • author Sam Rutherford - Gizmodo US
  • [原文]
  • 福田ミホ
フラッグシップとミッドレンジの境界を探るスマホ、モトローラが「Edge」を発表
Image: Motorola

ライトなハイエンドが今ならミッドレンジ価格!という展開。

2020年、プレミアムスマホからしばし遠ざかっていたMotorola(モトローラ)が、ハイスペックなEdge+を引っさげて帰ってきました。でも、正直その仕上がりはちょっと物足りないものでした。その反省を生かしたのかわかりませんが、今年のモトローラは目標をちょっと下げたみたいで、今回発表したEdgeプレミアムとミッドレンジの間のちょうどいいツボを探っているように感じられます。

ハイエンドと価格の絶妙なバランスを狙う

EdgeはSnapdragon 778Gに6GB(または8GB)のRAM、128GB(または256GB)のストレージ搭載、背面カメラは2眼と、たとえば450ドル(日本国内価格5万1700円〜)のGoogle Pixel 5aより若干高め程度のスペックに見えます。でも、リフレッシュレート144Hzの6.8インチフルHD+液晶1億800万画素のメインカメラ、そして価格は700ドル(約7万7000円)からってことを考えると、Edgeは単なるミッドレンジ+αというより、ハイエンドな機能と価格の絶妙なバランスを狙っている気がします。

さらにEdgeは、発売時限定ですが500ドル(約5万5000円)にディスカウントされていて、コストパフォーマンスが一段高くなってます。しかもこのお値段、限定と言いつつ「いつまでか」が発表されてません。この価格帯で200ドル(約2万2000円)の違いは大きいですよね。

210821_motoedge2
Image: Motorola

他にも細かいながらうれしいアップグレードがあります。たとえば5Gではサブ6GHz帯とミリ波帯(後者はVerizonのみですが)の両方をサポートしてたり、本体側面の指紋センサーにはショートカットをカスタマイズして登録できたり、セカンダリの800万画素超広角カメラはマクロカメラとしても使えたりします。ちなみに厳密には、背面に3つめのカメラ(200万画素)があるんですが、これは深度測定専用なのでそれ自体では撮影には使われません。

ディテールまできれいな写真を撮りたい場合、Edgeの1億800万画素カメラでは「Ultra Pixel」技術が使えます。これはかつてのHTCスマホがやっていたように、9画素を巨大な1画素に統合することで、暗い環境での感度を高める手法です。そうじゃなくても1億超えの画素は、違った形でも活かせると思います。

防水性とワイヤレス充電はなし

210821_motoedge3
防水防塵性能IP52なので、耐えられるのはちょっとした水はね程度
Image: Motorola

Edgeのプレミアム感が薄れてくるのは、ハイエンドスマホほどの防水防塵性能やワイヤレス充電がない点です。等級はIP52なので、防水性能は防滴の「2」(垂直より左右15°以内からの降雨によって有害な影響を受けない)ではあるんですが、一般にハイエンドスマホ(または一部のミッドレンジでも)はIP67とかIP68が普通になってます。ワイヤレス充電に関しては、もっと安い端末にないのはしょうがないかと思えるんですが、一応定価700ドルのEdgeに入ってないのはどうしちゃったの?と思ってしまいます。

良い部分を見ると、Edgeは長期的なサポートを強化し、OSのメジャーアップグレードは2回、セキュリティパッチも2年間にわたり2カ月に1回が保証されます。ただしこの辺も、OSアップグレード3回とセキュリティアップデート3年分を保証されてるPixel 5aよりは見劣りしてしまいます。

いつ(いくらで)買うか、が評価の分かれ目

210821_motoedge4
Image: Motorola

総合すると、Edgeはちょっとわかりにくいスマホになっちゃってます。いつ買うか、というか、いくらで買うかによって、「ミッドレンジにしては機能満載」なのか、「プレミアムスマホにしちゃ心もとない」のかが左右されそうです。定価の700ドルで考えると、100ドル足せばGalaxy S21が買えて、画面は6.2インチでちょっと小さいけど有機ELでカラフルだし、スペックはもっと高いんです。この辺は実際使ってみないと、他のスマホと比べてどうかってことは断言できなさそうです。

Edgeは米Amazonなどでアンロック版が9月2日発売プレオーダーは8月23日から)、キャリアでもVerizonやSpectrum Mobileなどが秋から取り扱い始める予定です。日本での展開は未発表です。

Edge (2021年版) ほしい?

  • 0
  • 0
モトローラ

シェアする

    あわせて読みたい