スパイとして活躍する日も近い? 周辺環境に合わせて色が変わるロボットカメレオン

  • 6,892

  • author Andrew Liszewski - Gizmodo US
  • [原文]
  • そうこ
スパイとして活躍する日も近い? 周辺環境に合わせて色が変わるロボットカメレオン
Gif: YouTube - NPG Press & Seung Hwan Ko et al.

完全にロボスパイきた。

カメレオンといえば、周りの色に合わせて体の色を変える能力が真っ先に頭に浮かびます。人間にはまず無理な芸当です。その場で話を合わせるだけでもツライのに、見た目の色変えるなんてムリムリ。そんなのカメレオン様だからできるんだと思っていましたが、技術力を駆使すればロボットもできるようになるみたい。

ソウル大学と漢陽大学の研究チームが、Nature Communicationsにロボカメレオンに関する論文を発表。ロボカメレオンの色変えとして誰もが最初に思いつくのは、折りたたみスマホでも使われているフレキシブルディスプレイですが、これはロボカメレオンの皮膚としては耐久性が低い上に、曲げたり伸びたりの柔軟さにも限度があります。そこで、チームは新たに複数のレイヤーからできている人工スキンを開発しました。

210814robotchameleon
Image: Nature Communications

人工スキンのトップ層は、液晶インクでコーティングされており、これが赤・青・緑をベースに分子の並びで色を変えます。カメレオンは筋肉の動きで色を変ますが、ロボカメレオンは熱で色を変えます。液晶インクの層の下には、銀ナノワイヤの層が数枚あり、電気が流れることで熱を発します。ロボットの底に仕込まれた光学センサーが周辺の色を読み取り、チームが特別に開発したコントローラーで、周辺にマッチした色になるよう設定された温度にナノワイヤを熱します。ただ、ロボカメレオンの色の変化は、本物のカメレオンほど素早くはありません。周辺色に人工スキンの色が変わるのに要する時間は0.5秒ほどですが、研究チームは今後これを短縮できると考えています。また、より一層本物のカメレオンのカモフラージュ技術に近づけるよう、複雑なパターンやテクスチャも人工スキンに反映していく考えです。

ゆっくりノソノソっと動くロボカメレオンを見ているとただキモカワなだけですが、より研究が進めば軍事利用の可能性は大いにあります。たとえ軍事利用されなくても、いつかロボットが人間の目から隠れたいと思う時が来ることがあれば、この技術が大いに活用されるのかもしれませんね。

Video: NPG Press & Seung Hwan Ko et al./YouTube

Source: Smithsonian Magazinse

    あわせて読みたい