時代逆行では…Windows 11、デフォルトのブラウザをEdgeから変えにくいらしい

  • 47,708

  • author Florence Ion - Gizmodo US
  • [原文]
  • 湯木進悟
時代逆行では…Windows 11、デフォルトのブラウザをEdgeから変えにくいらしい
Image: Microsoft

えっ、時代の逆行では?

もういまのスマホ世代にはわからない話かもしれませんが、昔はWindowsデフォルト設定ブラウザをめぐって、まさにブラウザ戦争なるものが勃発していました。ご存じのように、Microsoft(マイクロソフト)が作るブラウザといえば、Internet Explorerでしたが、それ以外のブラウザを締め出す戦略が露骨だったんですよね。それで、独禁法訴訟にまで発展し、その結果、ほかのブラウザでも、Windowsユーザーが自由に選択できるようになった経緯があります。それゆえの、ChromeやFirefoxブラウザの隆盛もあったといえますけど…。

このほどThe Vergeは、まるでそんな過去を彷彿とさせる、Windows 11をめぐる最新情報を伝えています。Windows 11のデフォルトの設定ブラウザがMicrosoft Edgeなのはしかたがないことかもしれませんが、はじめてURLリンクをクリックして立ち上がるポップアップ画面で、ブラウザをEdge以外のものに設定する手間を怠れば、もうあとからの変更至難の技! いちいちHTMLやPDFなど、Edgeで開けるファイルタイプまでOSの設定画面からたどっては、そこから個別にEdge以外のアプリを指定しなければならないんだとか。また、Edgeから別のブラウザへの変更を思いとどまるよう、ポップアップで再三促されたり、タスクバーのウィジェットから立ち上がるのは、デフォルト設定を変更しても必ずEdgeになると指摘されていますよ。

Windowsの新たなバージョンがリリースされるたびに、デフォルトの設定をいじるのは容易でなくなってきているのも事実だ。まるでユーザーの自由を奪うことでしか、自社のブラウザを使い続けさせることはできないとでも考えているかのようだ。

The Vergeのインタビューに対して、Vivaldiブラウザの広報担当は、こんなふうに語りました。Microsoftとしては、あくまでも現段階のWindows 11はベータテストで、これからたくさんのフィードバックをもとに改良していくという姿勢を示しているため、実際に製品版が完成してリリースされるときには、もう少し改善されているかもしれません。Edgeが優れたブラウザであるという評価も誤ってはいないでしょう。でも、ユーザーの選択の自由が奪われるのは考えものですよね。

Source: The Verge

    あわせて読みたい